小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

どうらく息子 12

どうらく息子 12
定価 本体552円+税
発売日 2015/04/30
ISBN 9784091868978
判型 B6判
224頁
内容紹介
銅ら治とあや音の恋も進展。青春落語物語! 『夏子の酒』『蔵人-クロード-』など、日本酒を扱った漫画作品を描いた人気漫画家・尾瀬あきらによる意欲作もいよいよ第12集では、二ツ目に昇進した主人公・銅ら治が、修業に恋にめざましい進歩を遂げます!!!! また兄弟子錫楽や姐弟子銅ら美の二ツ目としての成長を描きます。
今回も落語演目「幇間腹」のほか、「風呂敷」など有名な噺が漫画で登場。落語ファンはもちろん、落語を聞いた事がない人にも落語の内容が分かると評判です。落語監修をつとめるのは今や人気落語家のひとり柳家三三師匠。巻末おまけまんがもあり、雑誌で読んでいる方にも、新しい発見のある一冊です。

編集者からのおすすめ情報
落語家の修業でありながら、人としての修業でもある。
そんな世界を垣間見られるコミックス、企業の新入社員にも読ませます、というお手紙を頂戴することもあります。人を育てたいなら「どうらく息子」をご一読ください。

同じ作者のコミックス

  • どうらく息子

    どうらく息子

  • 蔵人

    蔵人

  • 光の島

    光の島

  • みのり伝説

    みのり伝説

  • 初恋スキャンダル

    初恋スキャンダル

オススメのコミックス

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • 人間交差点(ヒューマンスクランブル)

    人間交差点(ヒューマンスクランブル)

  • 風の大地

    風の大地

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • ラストニュース

    ラストニュース

  • 弁護士のくず

    弁護士のくず

  • 岳

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

ページTOPへ