小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

がんばるな!!!家康 8

画: 魚戸おさむ 
がんばるな!!!家康 8
定価 本体505円+税
発売日 2002/01/30
ISBN 9784091852984
判型 B6
232頁
内容紹介
▼第1話/懸賞のあたる家▼第2話/チューリップの咲く家▼第3話/フリーマーケットの家▼第4話/ヒーローの家▼第5話/趣味探しの家▼第6話/ピアノを壊す家▼第7話/七夕をする家▼第8話/プールする家▼第9話/悪霊退散の家▼第10話/隣はダーレ?の家●登場人物/北辺家康(北海道の住宅販売会社に勤務していたが、恋する“花菜恵”を追い、横浜にやって来た。「港町ホーム」社員)、舟木一夫(「港町ホーム」に勤務する家康の先輩。クールな二枚目)、津田広美(「港町ホーム」の課長。典型的な中間管理職)●あらすじ/家康と花澤が営業を担当する辰巳家は、母親が大の懸賞マニア。そのため、ひとり娘の愛美の部屋は、小さいころに当たった子どもっぽい家具であふれている。14歳の愛美は、新しい部屋にそんな家具が入るのを嫌がり、家康に母親を説得して欲しいと頼む。だが、母親から懸賞の思い出を聞かされ、愛美への深い愛情を感じた家康は……(第1話)。▼営業で外を回っていた家康と舟木は、チューリップの咲く公園で休憩をとることに。公園内のカレー店で昼食を済ませようとしたところ、そこで働いていたのは、かつて家康たちが担当した山下家の主人だった。なんでも家を建てて半年後にリストラされ、しかも最近は息子から距離を置かれているという。それを聞いた家康は……(第2話)。●その他の登場人物/北辺まりも(家康の妹。現在は家康と一緒に住んでいる)、裕子ちゃん(「港町ホーム」のOL)、山田華子(「港町ホーム」のエリート新入社員。設計士)、亜蓮大作(「港町ホーム」工事課の新人)、花澤俊介(「港町ホーム」営業課の新人)

同じ作者のコミックス

  • はっぴーえんど

    はっぴーえんど

  • イリヤッド~入矢堂見聞録

    イリヤッド~入矢堂見聞録

  • ひよっこ料理人

    ひよっこ料理人

  • イーハトーブ農学校の賢治先生

    イーハトーブ農学校の賢治先生

  • 玄米せんせいの弁当箱

    玄米せんせいの弁当箱

  • 家栽の人

    家栽の人

  • がんばるな!!!家康

    がんばるな!!!家康

  • ケントの方舟

    ケントの方舟

オススメのコミックス

  • 魔法使いの弟子

    魔法使いの弟子

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • おかみさん

    おかみさん

  • 風の大地

    風の大地

  • 家栽の人

    家栽の人

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 弁護士のくず

    弁護士のくず

ページTOPへ