小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

ぱろぱろ 1

ぱろぱろ 1
定価 本体485円+税
発売日 1994/02/28
ISBN 9784091833815
判型 B6
224頁
内容紹介
夜の盛り場に現われる女神たちが繰り広げる、人情物語り!! ●登場人物/悦子(東京の小さなクラブ『ぱろぱろ』のママ)、朝子(悦子の妹でチイママ) ●あらすじ/東京のとある盛り場にある店『ぱろぱろ』。ここは、ママである悦子とチイママの朝子の、二人の姉妹が経営している小さなクラブだ。ある夜、塩崎と名乗る男がやってきた。青年実業家だという塩崎は、この日以来、すっかり常連客になっていった。ある日、店で働いている女の子、かやねの妊娠騒動がおこる。その相手は、祥豊物産の奥田専務ではないかという。困り果てたかやねは、奥田に相談したが取り合ってくれない。その話を聞いた悦子は翌日、奥田に話をつけるために会社に乗り込んでいった。そこで何と、塩崎に偶然出くわす。驚く悦子に塩崎は……(第1話)。▼常連客である会社社長の倉沢のツケが約270万円にまで達していた。ツケを支払ってもらうため、悦子は翌日会社に乗り込んだ。だが倉沢は、息子のまさるが偶然やってきたのをいいことに、その場を逃げてしまう。その日の夜、店にまさるが訪れてきた。まさるは、明後日の父母参観に母親の振りをして来て欲しいを涙ながらに悦子に頼んだ。母親が死んでしまい、父親も多忙をいいわけに1度も父母参観に来たことがないというまさるの話を聞いた悦子は、頼みを聞いてあげることにした。だが……(第2話)。▼日曜日は店の休業日。この日悦子は朝子とともにバーゲンに出掛けていた。そこで悦子は高校時代のクラスメイト、静江に出会う。それからしばらくしたある夜、静江が店にやってきた。驚く悦子に静江は、店で働かせて欲しいと言い出す。静江は、旦那と別居していたのだった。しかも、常連客の笠原の妻であったのだ。『ぱろぱろ』にいれば、笠原に会えると静江は思っていたのだった。このことを知った悦子は、あることを思いつく。それは……(第6話)。 ●その他の登場キャラクター/千鶴(第1~7話)、かやね(第1~7話)

同じ作者のコミックス

  • 愛にチェックイン

    愛にチェックイン

  • 時男~愛は時空を越えて~

    時男~愛は時空を越えて~

  • 100億の男〔小学館文庫〕

    100億の男〔小学館文庫〕

  • 総理の椅子

    総理の椅子

  • 社買い人 岬悟

    社買い人 岬悟

  • 明日を信じて

    明日を信じて

  • SPセキュリティポリス

    SPセキュリティポリス

  • OUT LAW(アウトロー)

    OUT LAW(アウトロー)

オススメのコミックス

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所

  • おかみさん

    おかみさん

  • 風の大地

    風の大地

  • ラストニュース

    ラストニュース

  • 南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと

    南倍南勝負録 玄人(プロ)のひとりごと

  • 刑務所の前

    刑務所の前

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

ページTOPへ