小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

風の大地 8

作: 坂田信弘  画: かざま鋭二 
風の大地 8
定価 534円(税込)
発売日 1994/03/30
ISBN 9784091824684
判型 B6
216頁
内容紹介
ゴルフに全てを賭けた男・沖田圭介の青春を叙情豊かに綴った物語 ▼第1話/ミスショット▼第2話/有終▼第3話/美酒▼第4話/ダンロップオープン▼第5話/飛ばし屋▼第6話/美しい球▼第7話/心の風▼第8話/山桜の花ビラ▼第9話/強気の予感 ●登場人物/沖田圭介(鹿沼カントリークラブ初のプロゴルファー)、チッタ(アジアサーキットでの沖田のキャディ。フィリピン人) ●あらすじ/アジアサーキット第2戦最終日プレーオフ、呂西釣(ろせいきん)の第2打目。沖田の会心のショットの後、呂は、2オン狙いで勝負に出た。焦りからか、呂は一瞬力んでしまい、ボールを小川に落としてしまう。ミスをしたにも拘わらず、不敵な笑みを浮かべる呂を見た沖田は、プレッシャーを感じるのだった…(第1話)。▼最終ホールグリーン上のティーカップのすぐそばに沖田のボールはあった。このままホールアウトすれば優勝である。だが、沖田はホールアウトせず、呂のショットを待つ。ラインが読めない呂は、直球勝負に出たが、惜しくもはずしてしまう。沖田はボールを沈め、第2戦の優勝を勝ち取った(第2話)。 ●本巻の特徴/第8巻は、アジアサーキット最終戦の開催地、日本でのダンロップオープンがスタート、沖田の日本デビュー戦が描かれている。ここで沖田はジャンボ尾崎、杉原輝雄と遜色ない戦いぶりを披露する。 ●主な登場キャラクター/呂西釣(第1~2話)、ボビー・ブロー(第1~3、6~8話)、リン(第1~3話)、リンの妹・トカター(第1~3話)、ロジャー・デービス(第3、6~8話)、ジャンボ尾崎(第4~9話)、笠崎孝(第4、5~9話)、長谷川博(第4~6話)、杉原輝雄(第6、8~9話)

同じ作者のコミックス

  • 大地の子 ゆう

    大地の子 ゆう

  • 風の大地〔小学館文庫〕

    風の大地〔小学館文庫〕

  • 奈緒子(小学館文庫)

    奈緒子(小学館文庫)

  • でんでん虫

    でんでん虫

  • 大樹の道

    大樹の道

  • 風の大地

    風の大地

オススメのコミックス

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • 祝福屋福助

    祝福屋福助

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 岳

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

  • 女はつらいよ

    女はつらいよ

  • 深夜食堂

    深夜食堂

  • テツぼん

    テツぼん

ページTOPへ