小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

女の体をゆるすまで 上

まんが: ペス山ポピー 
女の体をゆるすまで 上
定価 1,200円(税込)
発売日 2021/07/30
ISBN 9784098611584
判型 A5判
192頁
内容紹介
話題のジェンダー・エッセイコミック!上巻 単行本化希望の声が編集部に殺到した話題作!!
『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました』のペス山ポピー、
待望の新刊です!!


性別欄に“どちらでもない”があると安心する
トランスジェンダー(Xジェンダー/ノンバイナリー)のペス山さんが、
意気揚々と向かったアシスタント現場で直面した出来事…

それは雇用主でもある漫画家X氏からのセクハラだった。

「女の体に生まれたからこんな目に遭うんだ…」

自身が生まれもった体を恨み、漫画も描けなくなったペス山さんが
己の過去、友人、親と対峙しつつ、
「女(じぶん)の体をゆるすまで」を描いた、
話題のジェンダー・エッセイコミックが上下巻同時発売です。

編集者からのおすすめ情報
自身の「女の体」に疑問を抱いた幼少期、
ミソジニーを内包するに至った学生時代、
性被害を受けまくる女友達との決別…

この漫画に描かれるペス山さんの過去を通じて、
誰しもが一度は感じたことのあるだろう、当時理由はわからなかったジェンダーにまつわる違和感と理不尽が、
オリジナルかつユーモア溢れる筆致で解き明かされていきます。

下記、15話のペス山さんのモノローグからの引用です。

「ずっと砂利道を裸足で歩いてるみたいだった。

痛くて歩けなくなって、そのことをとても恥じた。

しかし痛みを正面から実感して、
『痛い。』『靴が欲しい。』
こう訴え続けることで、私はやっと歩けている。

痛みをなかったことにしている人も、

そもそも痛みを感じない人も、一緒に歩いている。

『痛い。』『痛い。』『全員分の靴が欲しい。』

私は黙れない。

だから描くのだと思う。」

本作が、多くの読者の皆さまへ届きますように。
みんなで前に進めますように。

同じ作者のコミックス

  • 女の体をゆるすまで

    女の体をゆるすまで

オススメのコミックス

  • プリンセスメゾン

    プリンセスメゾン

  • お酒は夫婦になってから

    お酒は夫婦になってから

  • アイアムアヒーローinOSAKA

    アイアムアヒーローinOSAKA

  • 柚子森さん

    柚子森さん

  • バイオレンスアクション

    バイオレンスアクション

  • 闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説

    闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説

  • 闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん

    闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん

  • 怪異と乙女と神隠し

    怪異と乙女と神隠し

ページTOPへ