小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

国境のエミーリャ 3

池田邦彦  監修協力: 津久田重吾 
「国境のエミーリャ 5」は2021/12/10に発売予定です。
国境のエミーリャ 3
定価 650円(税込)
発売日 2021/01/12
ISBN 9784098503759
判型 B6判
200頁
内容紹介
日本東西分断の戦後を描く仮想歴史活劇! 時は、冷戦最中の1962年。

舞台は、敗戦後に戦勝国による分割統治のあげく
冷戦の激化により国そのものが東西に分断されてしまった日本。

国境の街となった東京にはベルリンさながらの強固な壁が築かれ
人々は往来の自由を奪われてしまった。

そんな街で西への亡命を望む人々が頼るのが“脱出請負人”という存在。

東トウキョウに住む杉浦エミーリャもその一人。
表向きは十月革命駅(旧・上野駅)の人民食堂給仕係をしながら、
裏で危険な仕事を請け負っている。

当然彼女は、当局によってその身を狙われる存在。

中でも民警(ミリツィヤ)国境犯罪捜査課警部・ウラゾフは
エミーリャの逮捕に執念を見せる危険な男。
やがて彼の地道な捜査が結実し、
エミーリャの身に最大の危機が…!!

ソ連による実質支配下にある日本人民共和国を舞台に
赤みがかったノスタルジーを届ける都市活劇!
緊迫の第3巻!!


編集者からのおすすめ情報
第3巻収録の物語は……

エミーリャの愛機トラバントP50と、ソ連との因縁深い
戦前アメリカの名門・パッカードの共演が見られる
「かけがえのない相棒」。

西から東へ潜入してくるコンピュータ専門家のエージェントと、
共産体制下での東京下町の祭り模様を描く「カーニバルの夜に」。

エミーリャ逮捕に執念を燃やす民警・ウラゾフと
エミーリャの協力者である亡命仲介人・ハラダの過去に関わる
スターリングラード攻防戦秘話を明かす前後編「囚われのエミーリャ」。

西側のテレビ放送によってエミーリャが陥る危機と、
壁の向こう側に住む息子へ向けられた母親の強き愛を表した
「危険な電波」。

日本文化と共産文化が交錯する街で繰り広げられる
笑いあり涙ありの活劇をご堪能ください!

同じ作者のコミックス

  • 国境のエミーリャ

    国境のエミーリャ

オススメのコミックス

  • ドロヘドロ

    ドロヘドロ

  • 信長協奏曲

    信長協奏曲

  • アサギロ~浅葱狼~

    アサギロ~浅葱狼~

  • アオイホノオ

    アオイホノオ

  • MIX

    MIX

  • からかい上手の高木さん

    からかい上手の高木さん

  • からかい上手の高木さん 10 卓上日めくりカレンダー付き特別版

    からかい上手の高木さん 10 卓上日めくりカレンダー付き特別版

  • からかい上手の高木さん 11 からかいふせんブック付き特別版

    からかい上手の高木さん 11 からかいふせんブック付き特別版

ページTOPへ