小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

バッコス 1

作: 白土三平 
バッコス 1
定価 本体648円+税
発売日 2000/11/16
ISBN 9784091924933
判型 文庫
416頁
内容紹介
▼第1部/誕生編▼第2部/放浪編
●登場人物/バッコス(数奇な運命をたどる少年)、ゼウス(偶然手に入れた多くの牛をもとに権力を得た男。バッコスを奴隷のように扱っていたが、やがて…)、マーゴ(バッコスと恋仲になる少女)、キロン(雨乞いをする祈祷師。バッコスにいたぶられることを至上の喜びとする倒錯者)
●あらすじ/1800年代、アフリカ東部。旱魃(かんばつ)で全滅したある村の中に、奇跡的に生き長らえた一人の嬰児がいた。その子は、突然のスコールによってできた激流に飲み込まれ、泥の中に埋まってしまうが、通りがかった牛飼いの男によって助けられる。心優しい男は、その子を「バッコス(芽生えるものという意味)」と名付けた。だが男は、落石に遭い、死んでしまう。そこへやって来たのが、他人の妻に手を出した罰として、ある村を追放されたゼウスという男だった。彼は偶然手にした多くの牛とバッコスを連れて、元いた村に帰る。そこから事態は思いがけない方向へ…。
●本巻の特徴/ゼウスの財産に惹かれた村の者たちは、再び彼を村に迎え入れた。ゼウスがその財力を武器に権力者になっていく一方、バッコスは誰からも人として扱われず、家畜の糞尿の中だけを安息の地として、孤独に、非人間的に成長していった。ゼウスとの愛憎、自分に優しくしてくれた動物や、少女・マーゴ、祈祷師・キロンとの出会いなどを通して、バッコスは激動の生涯を送っていく…。アフリカの大地を舞台に、権力や性に対する人間の原始的な欲望や、自然界の摂理を描く。神話伝説シリーズの中でも最長の作品で、衝撃的なシーンも数多く登場する問題作(物語は2巻へと続く)。初出は「第1部/誕生編」1976年8月~1977年1月、「第2部/放浪編」1977年1月~4月。
●その他のデータ/巻末に、四方田犬彦氏によるエッセイ「孤児のカリスマ」を収録。詳しい作品の解説がなされている。

同じ作者のコミックス

  • ビッグ作家 究極の短篇集

    ビッグ作家 究極の短篇集

  • カムイ外伝【スガルの島】

    カムイ外伝【スガルの島】

  • カムイ伝全集 全38巻

    カムイ伝全集 全38巻

  • お仙

    お仙

  • ワタカ〔小学館文庫〕

    ワタカ〔小学館文庫〕

  • 野牛の歌

    野牛の歌

  • バッコス

    バッコス

  • ペンテウス

    ペンテウス

オススメのコミックス

  • 海鶴

    海鶴

  • 泣き原

    泣き原

  • Age.35

    Age.35

  • SPセキュリティポリス

    SPセキュリティポリス

  • 築地魚河岸三代目

    築地魚河岸三代目

  • メドゥーサ

    メドゥーサ

  • リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13

    リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13

  • 獣医ドリトル

    獣医ドリトル

ページTOPへ