小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

らんぷの下

らんぷの下
定価 本体629円+税
発売日 2000/05/16
ISBN 9784091924612
判型 文庫
360頁
内容紹介
▼第1話らんぷの下/▼第2話/だんぶりの家▼第3話/女傑往来▼第4話/すがの幸福▼第5話/ドライフラワー▼第6話/裸のお百▼第7話/寒雷▼第8話/女傑走る
●登場人物/青木繁(明治時代、日本西洋画の黎明期に実在した西洋画家)、柘植(青木繁と美術学校で同期だった若き西洋画家)、すなほ(柘植の恋人で、青木繁の元恋人)〈以上、第1話〉、私(結婚生活が上手くいかず、現実とのギャップに苦しみながらも、女としての自立を目指す女性)、かんな(私の姪で将来を期待される優等生)〈以上、第2話〉。
●あらすじ/明治42年、日本の西洋画の黎明期。天才画家、青木繁は世間に打って出ようとしていた。一方、その彼に闘志を燃やす若き西洋画家の柘植は、青木の才能を超えたい一心で、激しく自らを駆り立てながら絵を描き続ける日々を送っていた。だが、青木に対して異常なまでのコンプレックスを持つ彼は、献身的に尽くしてくれる恋人すなほのことを、愛しながらも信じられない。というのも、彼女が青木の元恋人だったからだ。そんなある日、柘植はすなほが今も青木の絵を隠し持っていることを知る……(第1話)。▼一人の人間としての自立を目指し、「看護婦人」となった“私”だったが、しかし、職場結婚後、わずか3年でぼろぼろに疲れ果てて、父親の生家へ静養のため戻る。その家で共に暮らすことになった姪のかんなは、成績も良く女学校への進学が期待されていた。かんな自身も秘かに医者になることを夢見ていた。“私”は、彼女を応援したいと考えていたが、その家族は女の医者など必要ないと猛反対しており……(第2話)。

同じ作者のコミックス

  • 漫画家本

    漫画家本

  • 鼻紙写楽

    鼻紙写楽

  • ビッグコミックセレクション名作短編集

    ビッグコミックセレクション名作短編集

  • 茶箱広重〔小学館文庫〕

    茶箱広重〔小学館文庫〕

  • らんぷの下〔小学館文庫〕

    らんぷの下〔小学館文庫〕

  • 茶箱広重

    茶箱広重

  • 裸のお百

    裸のお百

  • らんぷの下

    らんぷの下

オススメのコミックス

  • 聖さとし

    聖さとし

  • 海鶴

    海鶴

  • のたり松太郎

    のたり松太郎

  • 企画アリ

    企画アリ

  • 築地魚河岸三代目

    築地魚河岸三代目

  • リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13

    リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13

  • 獣医ドリトル

    獣医ドリトル

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録

ページTOPへ