小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

忍法秘話 1

作: 白土三平 
忍法秘話 1
定価 本体581円+税
発売日 1996/05/17
ISBN 9784091921413
判型 文庫
328頁
内容紹介
無情の世で、のがれられない宿命に生きる者たちの姿を描いた異色作品集 ▼第1話/やませ(一)▼第2話/やませ(二)▼第3話/ガロの復活▼第4話/ギバチ▼第5話/他心通▼第6話/言霊▼第7話/ガロの宿▼第8話/因童▼第9話/遠当▼第10話/妙活▼第11話/陽忍 ●登場人物/ガロまたは枯木兵庫(ひとのこころを読み、陽炎の術を使う無敵の忍者) ●あらすじ/大摩のガロは、不死身の妖忍として恐れられている。攻撃をしかけた伊賀者たちは、ことごとく殺られていた。残された仲間たちは頭領の命により、結界を張りガロの動きをふうじこめようとするが…(第1話)。▼結界の網はひとつづつくずされていたが、やがて枯木兵庫という浪人者がガロとして浮かび上がってきた。孤児の小助と暮らす兵庫のところに、サネという男がいつきはじめる。それは「やませの法」を行う伊賀の忍者だった(第2話)。 ●本巻の特徴/第3話で奇跡的に生き残ってから、ガロは攻撃をうけたときのみ戦うという殺し方にかわり、領民のために知恵を貸し力をつくす。不死身といわれたガロだが、皮肉にも催眠の暗示によって、かわいがっていた子どもたちに全身を刺され、死亡する。ガロを主人公とした一連の作品(第1~8話)と催眠術や変装にまつわる短編4作を収録。 ●その他の登場キャラクター/四貫目(第1、2、3、7、8話)、小助(第1、2話)、サネまたは天心(第1、2話)、ハンザキ・兄(第4話)、ハンザキ・弟(第4、5話)、水鬼(第5話)、露木道人(第6話)、根来のワラワ(第6、7話)、五十里百方斎(第9話)、加当段蔵(第10話)、妙庵(第11話) ●その他のデータ/登場する忍術~陽炎の術(第1話)、穏形の法(第1、2話)、やませの法(第1、2話)、ギバチの術(第4話)、他心通の法(第5話)、言霊の術(第6話)、察相の術(第7話)、くぐつの法(第8話)、合気遠当の術(第9話)、桂男の法(第11話) エッセイ~小松和彦(大阪大学文学部助教授)

同じ作者のコミックス

  • ビッグ作家 究極の短篇集

    ビッグ作家 究極の短篇集

  • カムイ外伝【スガルの島】

    カムイ外伝【スガルの島】

  • カムイ伝全集 全38巻

    カムイ伝全集 全38巻

  • お仙

    お仙

  • ワタカ〔小学館文庫〕

    ワタカ〔小学館文庫〕

  • 野牛の歌

    野牛の歌

  • バッコス

    バッコス

  • ペンテウス

    ペンテウス

オススメのコミックス

  • 高橋留美子短編集 1orW

    高橋留美子短編集 1orW

  • マーベラス

    マーベラス

  • リベロ革命!!

    リベロ革命!!

  • 今日から俺は!!

    今日から俺は!!

  • 赤いペガサス

    赤いペガサス

  • うしおととら

    うしおととら

  • 帯をギュッとね!

    帯をギュッとね!

  • 青空しょって

    青空しょって

ページTOPへ