小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

カムイ伝 10

作: 白土三平 
カムイ伝 10
定価 本体629円+税
発売日 1995/06/17
ISBN 9784091920409
判型 文庫
392頁
内容紹介
江戸時代の厳しい差別社会の中で、自由を求めて戦う人々を描いた大作! ▼第1章/梟首▼第2章/蔵六陣▼第3章/川ガラス▼第4章/傀儡▼第5章/木の間党 ●主な登場人物/カムイ(厳しく差別される身分から自由を求めて脱出し、忍びと化した天才忍者)、正助(優れた知能で社会を改革しようとする農民) ●あらすじ/非常法による物価の上昇、札相場の下落、藩札の乱発は悪循環を繰り返し、藩内の混乱と生活の悪化はますますひどくなっていった。生活の困窮にあえぐ農民たちの怒りの矛先をそらすため、その張本人である目付け側は御用商人を公金横領者として処刑する。そして新しい御用商人・大蔵屋を登場させることで、藩内の経済不安は一時的に解消されたかのように見えた。一方、日置藩のナゾを突き止めたカムイだったが、忍びとして生きることに迷い始める。そして、隠密団の小頭・手風によって窮地に追い込まれるが……。 ●その他の登場キャラクター/ナナ(カムイの姉)、苔丸/スダレ(夙谷の住人で、正助の協力者)、ゴン(花巻村の農民)、草加竜之進(元次席家老の息子)、笹一角(元日置藩剣法指南役)、夢屋七兵衛(金の力で権力に対抗しようとする商人)、赤目(カムイの忍びの師匠。忍びの社会から抜け出し、夢屋の商売を助けている)、橘軍太夫(日置藩目付け)、橘一馬(目付けの息子)、玄蕃(目付けの弟)、横目(目付けの手先となって働く夙谷の頭)、サエサ(横目の娘・くノ一)、搦の手風(幕府隠密団の小頭)、水無月右近(剣に生きる浪人)、三角(日置藩城代家老)、ナゾの猿回し(正体は公儀隠密の首領)、大蔵屋(日置藩の御用商人)

同じ作者のコミックス

  • カムイ外伝【スガルの島】

    カムイ外伝【スガルの島】

  • カムイ伝全集 全38巻

    カムイ伝全集 全38巻

  • お仙

    お仙

  • ワタカ〔小学館文庫〕

    ワタカ〔小学館文庫〕

  • 野牛の歌

    野牛の歌

  • バッコス

    バッコス

  • ペンテウス

    ペンテウス

  • サバンナ

    サバンナ

オススメのコミックス

  • 鬼泪

    鬼泪

  • HOTEL

    HOTEL

  • 光

  • カムイ伝

    カムイ伝

  • 三丁目の夕日

    三丁目の夕日

  • ツルモク独身寮

    ツルモク独身寮

  • I・L

    I・L

  • 風の大地〔小学館文庫〕

    風の大地〔小学館文庫〕

ページTOPへ