小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

宙舞 ―そらん― 2

宙舞 ―そらん― 2
定価 本体505円+税
発売日 1999/05/29
ISBN 9784091853226
判型 B6
232頁
内容紹介
ある奇跡を共有した宙樹と舞子。その二人も今は離ればなれ。そんなとき、宙樹は舞子が失踪したとの知らせを聞き、東京へ向かうが……。
▼第10話/東京ショック▼第11話/たまごの洗礼▼第12話/ときめきの中で▼第13話/舞子とMJ▼第14話/ロスト・マイセルフ▼第15話/新しい目覚め▼第16話/許せない笑顔▼第17話/GAME OVER▼第18話/砕けたガラス▼第19話/きみのゆくみち▼第20話/つぐない'99▼第21話/心の化学変化 ●登場人物/田河宙樹(大学浪人中。高校時代、水の上を歩いたことがある。舞子との特別な関係を信じつつ、今の自分にいらだち、くすぶった生活を送る)、北村舞子(宙樹の高校時代の同級生。宙樹から受けた「翔ぶ」というイメージを大切に、東京の東宝女子大学バスケット部で必死にがんばっている)、青葉陽助(一人旅をしている途中、宙樹と知り合う。宙樹に上京を勧め、舞子との関係修復に協力しようとしている)●あらすじ/東京での予備校第一日目、宙樹はひどい二日酔いだった。やっとたどりついた教室では授業について行けず、自分のダメさ加減を思い知らされる。家に戻ってみると、見知らぬ男が台所に立っていた。その男にいきなりゴミ箱を自分の部屋にぶちまけられ、何がなんだかわからない宙樹。ちょうどそこへ戻ってきた陽助に、「燃えるゴミに空き缶を入れたな」と指摘される。その潔癖症の男の名は星島幻人。そしてバイト先のキッチンには星島が! これからどうなる?(第1話) ●本巻の特徴/東京での生活を始めた宙樹だが、舞子との関係は一歩後退? 一途で思い込みの激しい宙樹の行動に、舞子は自分の気持ちを自覚できないまま戸惑っていた。 ●その他の登場キャラクター/青葉五月(陽助の姉。バイト先の店の主人)星島幻人(同居人の一人)亀田(同居人で、同じ予備校に通う)

同じ作者のコミックス

  • アゲ×バン~バンド少女キャバクラDiary~

    アゲ×バン~バンド少女キャバクラDiary~

  • ANRI THE BLOOD

    ANRI THE BLOOD

  • 宙舞 ―そらん―

    宙舞 ―そらん―

  • D-ASH

    D-ASH

オススメのコミックス

  • 雄飛 ゆうひ

    雄飛 ゆうひ

  • 最終兵器彼女 愛蔵版

    最終兵器彼女 愛蔵版

  • 響~小説家になる方法~

    響~小説家になる方法~

  • アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~

    アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~

  • 母の曠野

    母の曠野

  • ありがとう

    ありがとう

  • BEGIN

    BEGIN

  • なぜか笑介(しょうすけ)

    なぜか笑介(しょうすけ)

ページTOPへ