小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

チェン爺 1

著: 新田たつお 
チェン爺 1
定価 本体505円+税
発売日 2000/08/30
ISBN 9784091841155
判型 B6
224頁
内容紹介
▼第1話/(Prologue1)携帯電話の縁▼第2話/(Prologue2)金の魔力▼第3話/(Prologue3)賭けの行方▼第4話/“隠し子”誕生▼第5話/星子の呼ぶ声▼第6話/銀の馬車▼第7話/黒紋新平の惑い▼第8話/勝負師の血▼第9話/ギャンブルの鬼▼第10話/涙のキッス
●登場人物/大々万吉(似顔絵を描いて生計を立てる画家志望の青年)、黒紋金蔵(大手消費者金融「クロモン」の社主。無類のギャンブル好き)、星子(万吉の恋人。父親の会社が倒産の危機にある)
●あらすじ/大々万吉は原宿の路上で似顔絵を描いて生計を立てる、画家志望の貧しい青年。生活は厳しいが、恋人の星子を心の支えに頑張っている。ある日のこと、仕事を終えて帰ろうとする万吉の携帯電話に、奇妙な老人からの連絡が入る。その場は気にも留めなかった万吉だが、夜になって見知らぬ若い女性の訪問を受ける。その女性は、万吉に電話した老人の妻、と名乗り……!?(第1話)▼この巻の特徴/電話の老人・黒紋金蔵と出会い、彼とのギャンブルに負けた万吉は、約束どおり代償として「体」を差し出す。万吉は金蔵の“奴隷”として働くことを覚悟したが、その意味は全く違うものだった……!! 万吉は外科手術によって金蔵と脳を入れ替えられ、老人の体で放り出される。一方、万吉の体を手に入れて若返った金蔵は、黒紋新吉と名乗り「クロモン」グループの新たな支配者として君臨する……!! “シリアスギャグ”の巨匠が贈る「愛」vs「ギャンブル」の最高峰エンターテイメント、ここに開幕!!
●その他の登場人物/越後屋(金蔵のギャンブル仲間。強運で世を渡ってきた強者)、黒紋希美子(金蔵の妻。金蔵とはかなり年齢が離れている)、姉大路兆吉(万吉の叔父。自称“伝説のギャンブラー”)

同じ作者のコミックス

  • 隊務スリップ

    隊務スリップ

  • 静かなるドン

    静かなるドン

  • チェン爺

    チェン爺

  • サラ忍マン〔BC〕

    サラ忍マン〔BC〕

  • 取締役平並次郎

    取締役平並次郎

オススメのコミックス

  • 新・味いちもんめ

    新・味いちもんめ

  • ラーメン発見伝

    ラーメン発見伝

  • サンクチュアリ

    サンクチュアリ

  • 非婚家族

    非婚家族

  • 医龍

    医龍

  • あずみ

    あずみ

  • サラ忍マン

    サラ忍マン

  • オデッセイ

    オデッセイ

ページTOPへ