小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

ヤングマン 2

作: 六田 登 
ヤングマン 2
定価 本体485円+税
発売日 1993/09/30
ISBN 9784091832627
判型 B6
214頁
内容紹介
明治日本。欲望渦巻く横浜で、霞五郎とその仲間たちが、新しい時代を目指す ▼第1話/汚れなき愛液▼第2話/血のしたたり▼第3話/月の雫▼第4話/狐火▼第5話/火の始末▼第6話/媚薬▼第7話/傷追い人▼第8話/金縛りの夜▼第9話/桃色の花園▼第10話/不老長寿の夢▼第11話/笑う肉片▼第12話/血の祭り ●登場人物/霞五郎(富士山麓霊明寺の道士。比類なき魔物の正体を追い求める)権助(魔物を求める悪の道士。お仙から水晶玉を奪う)大村信(権介に魂を売り、術を使いこなす。)ジャン・リュック・ゴダール(人肉を喰って200年以上も生き続けている男) ●あらすじ/悪の道師・権助に魂を売った大村は、ゴダールの妹に処女の愛液を飲ませて虜にしようと画策する。一方、ゴダールに付け狙われている五郎たちは、ゴダールの手のかかった探偵に居所を探られ、見つかってしまう(第1話)▼大村は、権介の力を借りて美男子の泥人形を作りだした。大村は彼をつかって生娘を探し、処女の愛液を手にいれようとするのだった。そしてお聖が狙われ、連れ去られてしまう。五郎たちはお聖の後を追おうとするが、ゴダールの手の者が行く手を阻むのだった。(第2話) ●本巻の特徴/人を食うことで200年も生き永らえているゴダールは、五郎の肉体を狙って、権介に魂を売った大村と手を組む。五郎を捕えて、その肉を食おうとするゴダール達が、五郎に迫る。 ●その他の登場キャラクター/板垣喜助(横浜自由新報記者)

同じ作者のコミックス

  • ダッシュ勝平

    ダッシュ勝平

  • シネマ

    シネマ

  • 歓びの日々

    歓びの日々

  • F〔小学館文庫〕

    F〔小学館文庫〕

  • 星々の宴

    星々の宴

  • 獅子の王国

    獅子の王国

  • カメ 亀頭万太郎と俺物語

    カメ 亀頭万太郎と俺物語

  • ヤングマン

    ヤングマン

オススメのコミックス

  • やぶ医者のつぶやき

    やぶ医者のつぶやき

  • 高校アフロ田中

    高校アフロ田中

  • 冬はなび

    冬はなび

  • ガンプラはなぜ37年も売れ続けているのか?

    ガンプラはなぜ37年も売れ続けているのか?

  • かむろば村へ

    かむろば村へ

  • 青猫について

    青猫について

  • 演歌の逹

    演歌の逹

  • すばらしきかな人生-ふたたび友郎-

    すばらしきかな人生-ふたたび友郎-

ページTOPへ