小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

メドゥーサ 1

メドゥーサ 1
定価 本体485円+税
発売日 1990/11/30
ISBN 9784091823915
判型 B6
210頁
内容紹介
政界を舞台に、龍男と陽子の激しい愛を描いた、異色政治ロマン!! ▼第1話/バリゲード▼第2話/龍男と陽子▼第3話/宿命▼第4話/嵐のフォーク集会▼第5話/父親▼第6話/新宿騒乱▼第7話/新宿騒乱[2]▼第8話/新宿騒乱[3] ●登場人物/榊龍男(城南大学2年生。代議士・榊龍太郎の養子で、榊陽子の義兄)、榊陽子(城東大学2年生。榊龍太郎の娘で、全闘委員会に所属。メドューサというコードネームを持つ)、山路(城東大学全闘委員長) ●あらすじ/学生運動が活発化した1970年代。学生デモの様子を眺めていた城南大学生の榊龍男は、その中に、血のつながらない妹・榊陽子の姿を見つけた。陽子は、メデューサというコードネームを持つ、ノンポリ学生を運動家に変えてしまうオルグのプロであった(第1話)。▼龍男と陽子の父親である代議士の榊龍太郎は、保守党議員である自分の名誉に傷がつくことを考え、陽子に学生運動を辞めさせるべく、龍男に説得するようにけしかけた。龍男は、城東大学のバリゲードに入り、陽子と対面しする。だが、陽子は政治家になるという龍男を責め、自分の生きがいは権力を叩き潰すことだと言い放った(第2話)。 ●本巻の特徴/第1巻は、龍男が榊家の養子であるという出生の秘密が明かされると共に、龍男と陽子の世の中を変えることに対する考えの相異を中心に物語が進む。また、2人の関係が兄妹以上のものになりつつあることも描かれている。 ●その他の登場キャラクター/榊龍太郎(第1、3、5、6話)、寺田(第1~4、6、7話)、畑中(第4、7話)、田丸善太(第5話)

同じ作者のコミックス

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録

  • 空母いぶき

    空母いぶき

  • ヒーローズ・カムバック

    ヒーローズ・カムバック

  • 兵馬の旗

    兵馬の旗

  • バッテリー

    バッテリー

  • 太陽の黙示録 建国編

    太陽の黙示録 建国編

  • 太陽の黙示録 群雄編

    太陽の黙示録 群雄編

  • 第二演出部 ディレクター ザ・ガマ(小学館文庫)

    第二演出部 ディレクター ザ・ガマ(小学館文庫)

オススメのコミックス

  • Age.35

    Age.35

  • AD物語

    AD物語

  • 築地魚河岸三代目

    築地魚河岸三代目

  • どんぐりの家

    どんぐりの家

  • リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13

    リーダーズチョイス BEST13 of ゴルゴ13

  • ダブル・フェイス

    ダブル・フェイス

  • さいとう・たかをセレクション BEST13 of ゴルゴ13

    さいとう・たかをセレクション BEST13 of ゴルゴ13

  • 冬の動物園

    冬の動物園

ページTOPへ