手塚治虫氏×永井豪氏、両巨匠のコラボ作が単行本で緊急出版!

漫画界の巨匠コラボによる夢の1冊!『永井豪版ばるぼら』ついに単行本化!

 漫画の神様・手塚治虫氏が生んだミューズ・ばるぼらを、悪魔(デビル)の漫画を生んだ永井豪氏が描く、夢のコラボ作品が単行本で発売!!

 『ばるぼら』は手塚治虫氏が1973年から74年にかけて、「ビッグコミック」で連載。小説家・美倉洋介とアルコール依存症の謎の女性・ばるぼらとの出会いを描いた異色作。

 2020年、手塚眞監督により実写映画『ばるぼら』が劇場で公開。それを記念して生まれたのが、手塚治虫氏×永井豪氏によるコラボ作『永井豪版ばるぼら』だ。「ビッグコミック」誌上で発表され、話題となった本作は、読者の支持を受けて同誌にて第3弾まで不定期連載。今回、永井豪氏の最新作『柳生裸真剣』(「週刊ポスト」にて連載中)単行本第1集の発売を契機に、単行本にまとめて緊急出版されることに!

 さらに巻末にはコミックエッセイ『豪TOトラベル 手塚先生とのアメリカ旅』を特別収録!永井豪氏が1980年に手塚治虫氏と一緒にアメリカ・サンディエゴの映画館で『シャイニング』を観た思い出を描く本エッセイは、漫画研究家ならずとも見逃せない!

 コミック史に残るであろう貴重な1冊を、ぜひご堪能あれ!

●永井豪氏の言葉(「はじめに」より抜粋)
 『ばるぼら』と同じ年に『ブラック・ジャック』の連載を開始した先生は翌年(1974年)、同作に助手のピノコを登場させますが、ばるぼらの二人が原型になったのでは、と思うんです。『ばるぼら』は手塚作品の中で分岐点となった大きな意味のある作品だと思います。そんな『ばるぼら』を僕流の新解釈で描く『永井豪版ばるぼら』をお楽しみください。

商品概要は以下のとおり。
漫画/永井豪とダイナミックプロ 原作/手塚治虫『永井豪版ばるぼら』全1集
判型:B6判/162ページ
定価:770円(税込)

永井豪『柳生裸真剣』1集
判型:B6判/186ページ
定価:850円(税込)

■「ビッグコミック」23号のニュースはコチラ
https://comics.shogakukan.co.jp/news/33489
■「ビッグコミック」編集部の公式Twitterアカウントはコチラ
@bigcomic_mg
■「ビッグコミック」編集部公式サイトはコチラ
https://bigcomicbros.net/bigcomic/