狂気か?凶器か?はたまた鈍器か?驚愕の黒く堅く重い画集!!!!!

狂気か、凶器か?はたまた鈍器か?黒くて堅くてすっごく重い『ドロヘドロ画集 MUD AND SLUDGE』、その世界観に打ちのめされよ!!

 連載期間18年。当時、クリエイターの誰しもが1度は描きたいと思った月刊誌「IKKI」にて、その存在感を唯一無二なるダークファンタジーとして誇った林田球氏の『ドロヘドロ』。掲載誌はその後、「ヒバナ」「ゲッサン」と移ろうとも、作品力はぶれることなく熱狂的なファンからの支持を受け、今年ついにアニメ化。さらに22日からは原画展までもが開催される『ドロヘドロ』。
 今、ここに通常の画集というカテゴリーをも凌駕する黒くて堅くてめちゃくちゃ重たい画集が降臨!!

 林田球という当代きってのクリエイターを主軸に、装丁デザイナーにはこれまたイカレたクリエイターである祖父江慎を迎え、同様に松本大洋を世に放ったイカレた担当編集者の堀靖樹が、このご時世に徹底的に予算を無視した超絶画集を創ってしまった。
『ドロヘドロ』を漫画という世界に落とし込むためには、すくい切れなかったイラスト、原画、デッサンなどの数々が跋扈するこの画集、画集でありながら見るものでも、読むものでもない。得たいのしれないダークでへビィな『ドロヘドロ』の世界へと誘う体験を具現する画集である。

 高いなどとは言わせない。これはもう『ドロヘドロ』の世界への片道切符。手に入れた者の何割かは、そのカオスな世界に打ちのめされるだろう。
2月22日から3月1日まで、TVアニメ化記念『ドロヘドロ原画展 ~林田球の世界~』も開催。行ってから手にするか。あるいは手に入れてから行くか。それはアナタ次第だ。

 さぁ、この画集とともに参ろうではないか。林田球氏の紡ぐ『ドロヘドロ』という混沌と悪夢の世界へ。

商品概要は以下のとおり。
林田球『ドロヘドロ画集 MUD AND SLUDGE』
判型:B5変形判/344ページ
定価:本体5909円+税

■『ドロヘドロ』1巻の詳細はコチラ
https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091882714
■TVアニメ化記念『ドロヘドロ原画展 ~林田球の世界~』詳細はコチラ
https://dorohedoro.gengaten.com/
■TVアニメ『ドロヘドロ』公式サイトはコチラ
https://dorohedoro.net
■『大ダーク』1巻の試し読みはコチラ
https://shogakukan.tameshiyo.me/9784091294869
■「ゲッサン」公式サイトはコチラ
https://gekkansunday.net