『学年誌が伝えた子ども文化史』第3弾、昭和30~39年編発売!

学年誌が伝えた子ども文化史 昭和30~39年編

これ1冊で丸わかり!学年誌の記事やイラストで振り返る昭和30年代のニュースや流行!!

大正11(1922)年に創刊され、昭和・平成と多くの子どもが夢中になった総合情報誌「学年誌」。
本書は、ニュース、芸能、スポーツ、最新技術、ファッション、流行など、学年誌の膨大な記事を、時代ごとテーマごとに厳選し、解説とともに再掲載したムック。
大好評の第1弾「昭和40~49年編」、第2弾「昭和50~64年編」に続き、第3弾「昭和30~39年編」がついに登場!

学年誌が伝えた子ども文化史 昭和30~39年編 東海道新幹線開通記事

昭和39年の東京オリンピックをはじめ、東海道新幹線開通、東京タワー完成、皇太子さまご成婚などの昭和30年代の重大ニュースや、長嶋、王、大鵬、力道山、吉永小百合、クレイジーキャッツなどスポーツ界や芸能界のスター、さらに学年誌定番の未来予測や図解記事まで、懐かしの昭和30年代のすべてを余すところなく紹介。また、記事の中で使われているイラストを執筆しているのが後の大ヒット作を生み出す漫画家だったりと、意外な発見もいっぱい!
ほかにも96年前の学年誌の創刊号も含め、大正11年から昭和29年までの貴重な学年誌記事も綴じ込みブック形式で収録。関東大震災や第二次世界大戦などのニュースを、当時の学年誌はどう伝えたのか、戦中戦後の子どもたちの暮らしぶりはどうだったのかなど、お宝記事の数々は永久保存版!

学年誌が伝えた子ども文化史 昭和30~39年編 付録「東京タワー」

さらに付録には、昭和39年の『小学二年生』の組立て付録を復刻した「東京タワー」。こちらは高さ55cmで、机上に飾るにもピッタリなサイズ。
読んで、作って、懐かしむ3拍子揃った本書で激動の昭和史を辿ってみれば、昭和の子どもたちが見ていた文化や雰囲気に触れることができるはず。既刊の2冊とあわせて、本シリーズを永久保存版として持っていれば、いつでお好きなときに「昭和の時代」へタイムスリップ。是非、お手元に!!
定価は1200円+税。

■第3弾「昭和30~39年編」の試し読みはコチラ
https://shogakukan.tameshiyo.me/9784091066183
■第3弾「昭和30~39年編」の詳細はコチラ
https://www.shogakukan.co.jp/books/09106618
■第2弾「昭和50~64年編」のニュースはコチラ
https://comics.shogakukan.co.jp/news/12318
■第1弾「昭和40~49年編」のニュースはコチラ
https://comics.shogakukan.co.jp/news/10461