小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―

重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―
定価 本体840円+税
発売日 2019/04/12
ISBN 9784098602193
判型 A5判
200頁
内容紹介
泣き笑いの5年間。秘めてきたガン闘病記! 『クマのプー太郎』でもおなじみ、ギャグ漫画家
中川いさみ――実はガンでした。

当時51歳。鼻のおできがガンと診断され
単身、兵庫県で“重粒子線”治療を開始。

担当編集者にも隠し通した(!)約2か月間の
入院生活は……ヒマとの格闘、謎にSFチックな風景の数々、
あり余る妄想、そしてご当地グルメ散歩に満ちていた!?
(神戸牛、姫路おでん、海鮮丼、牡蠣カレー…うまいもの
登場頻度高め!)

笑ってられない現実にも笑いを見出す、ギャグ漫画家のサガが
ここにある。

生きる。描く。生きる。命のふちを旅した、泣き笑いの5年間――
中川いさみが見つめた「生きること」の意味。








編集者からのおすすめ情報
二人に一人がガンになり、三人に一人がガンで亡くなる…
といわれる時代。
本作は、そういった他人事ではない「もしも」の時への
明るい備えになる…だけでなく、「世界から自分がいなくなるかもしれない」
という局面で中川いさみ氏が何を思い、考え、生きたのか――
その独特の目線を通じて、日常の得がたさ、生きるとはどういうことなのか
感じさせてくれる一冊です。

入院中、ヒマを持て余して人通りのない広い道路で
一人ぼっちで縄跳びを満喫したり、
治療のない休日にはせっせと外出してグルメ散歩をしたり、
病室でも連載作の執筆をするために、病室の棚をDIY(?)して
机代わりにしたり……
あくまでも飄々と“いつもの感じ”の中川氏の言動に
思わずクスリとしてしまうはずです。

同じ作者のコミックス

  • 重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―

    重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―

  • クマのプー太郎

    クマのプー太郎

  • ニュースの牛

    ニュースの牛

  • カラブキ

    カラブキ

  • 自選 クマのプー太郎

    自選 クマのプー太郎

  • ゴムテ

    ゴムテ

  • 関係筋

    関係筋

  • 大人袋

    大人袋

オススメのコミックス

  • 人間交差点(ヒューマンスクランブル)

    人間交差点(ヒューマンスクランブル)

  • 龍-RON-(ロン)

    龍-RON-(ロン)

  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所

  • 風の大地

    風の大地

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • アフター0[著者再編集版]

    アフター0[著者再編集版]

  • 弁護士のくず

    弁護士のくず

  • 岳

ページTOPへ