小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

ギャラリーフェイク〔小学館文庫〕 11

作: 細野不二彦 
ギャラリーフェイク〔小学館文庫〕 11
定価 本体600円+税
発売日 2007/02/15
ISBN 9784091960610
判型 文庫
304頁
内容紹介
▼第1話/仮面を掘り起こす者▼第2話/三つの鞄▼第3話/半分と半分(ハーフ アンド ハーフ)▼第4話/紙は応えてくれる▼第5話/皇帝と貧者のための卵▼第6話/加州昭和村▼第7話/わたしを宇宙へ連れていって▼第8話/花と器(前編)▼第9話/花と器(後編)▼第10話/革命に死す▼第11話/草原のブッダ▼第12話/黒い画商たち

●主な登場人物/藤田玲司(メトロポリタン美術館の元学芸員で、贋作専門の画廊“ギャラリーフェイク”のオ-ナ-)、サラ・ハリファ(Q首長国の王族の娘で、フジタの秘書)、三田村小夜子(28歳にして高田美術館館長に就任した才女)
●あらすじ/モスクワの不動産王・ポポフスキーという男から、オークションにかけられる「ロマノフ王家最後のイースターエッグ」を競り落としてほしいとの依頼を受けたフジタ。だが、無事落札できたかと思いきや、運搬中の車が強盗団に襲撃され…!?(第5話)
●本巻の特徴/オモチャのアンティーク市場高騰の影に、ハイテク時代の寵児あり? 幼なじみの新谷から、30年前のミシンの入手を依頼されたフジタ。“昭和骨董”に想いをはせる新谷の壮大な夢とは――「加州昭和村」ほか、全12話を収録。

同じ作者のコミックス

  • バディドッグ

    バディドッグ

  • 漫画家本

    漫画家本

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • いちまつ捕物帳

    いちまつ捕物帳

  • 商人道

    商人道

  • 細野不二彦短編集

    細野不二彦短編集

  • 東京探偵団

    東京探偵団

  • さすがの猿飛

    さすがの猿飛

オススメのコミックス

  • うしおととら

    うしおととら

  • ホムンクルス

    ホムンクルス

  • イアラ

    イアラ

  • 一葉裏日誌

    一葉裏日誌

  • 藤田和日郎短編傑作集 1 夜の歌(小学館文庫)

    藤田和日郎短編傑作集 1 夜の歌(小学館文庫)

  • 烈火の炎

    烈火の炎

  • タッチ

    タッチ

  • 鬼泪

    鬼泪

ページTOPへ