小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

ワダチ

作: 松本零士 
ワダチ
定価 本体648円+税
発売日 1999/11/16
ISBN 9784091920751
判型 文庫
448頁
内容紹介
▼第1話/ワダチは男▼第2話/大怪博士 佐渡酒造▼第3話/窓の外の大荒野▼第4話/最後の大四畳半▼第5話/四畳半消滅▼第6話/海岸居住区▼第7話/食人女族2000人▼第8話/瀬戸内海都市▼第9話/大新世界序曲▼第10話/地球消滅午前零時▼第11話/新世界への降下▼第12話/大地球紀元1年▼第13話/七難八苦12個の月▼第14話/前夜▼第15話/弱肉強食 原始の森▼第16話/衛星船から来た女▼第17話/ヒミコ▼第18話/重力波▼第19話/海クジラ▼第20話/アンドロイド▼第21話/機械の心▼第22話/轍

●登場人物/山本轍(“大下宿荘”の四畳半に住む浪人生で、おでんの屋台を引いて生計を立てている)

●あらすじ/ある日、おでんの屋台を引いていた轍は交通事故に遭ってしまう。その事故で屋台が壊れてしまい、轍は屋台の持ち主から修理代として六万五千円請求される。六万円しか持っていない轍は、とりあえず六万円を払おうとするが、いつもお金が置いてある畳の下に六万円がない。困った轍はおでんを値上げするが、お客はみんな他の屋台に行ってしまう。そんな中、あるひとりの男が屋台にやって来て……(第1話)。

●修理代を稼ぐため朝から屋台を引くことにした轍は、客引きのアナウンスを録音するため、下宿の隣に住む森屋からテープレコーダーを借りる。森屋から「カセットのうしろに、わたしの声がすこしはいっているけどきかずにけしてね」と言われる。特に気にしていなかった轍だったが、テープに入っていたのは……(第2話)。

同じ作者のコミックス

  • 松本零士 無限創造軌道

    松本零士 無限創造軌道

  • 零次元機械紀行

    零次元機械紀行

  • 新宇宙戦艦ヤマト 新装版

    新宇宙戦艦ヤマト 新装版

  • 蜃気楼綺譚〔小学館文庫〕

    蜃気楼綺譚〔小学館文庫〕

  • ワダチ〔小学館文庫〕

    ワダチ〔小学館文庫〕

  • コクピット・レジェンド

    コクピット・レジェンド

  • 超時空戦艦まほろば

    超時空戦艦まほろば

  • ザ・コクピット〔小学館文庫〕

    ザ・コクピット〔小学館文庫〕

オススメのコミックス

  • ラフ

    ラフ

  • うにばーしてぃBOYS

    うにばーしてぃBOYS

  • 虹色とうがらし

    虹色とうがらし

  • 漂流教室

    漂流教室

  • 太郎〔小学館文庫〕

    太郎〔小学館文庫〕

  • あすなろ白書 第二部

    あすなろ白書 第二部

  • あすなろ白書

    あすなろ白書

  • パイナップルARMY〔小学館文庫〕

    パイナップルARMY〔小学館文庫〕

ページTOPへ