小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

電光石火 6

著: 盛田賢司 
電光石火 6
定価 556円(税込)
発売日 2001/10/30
ISBN 9784091861160
判型 B6
208頁
内容紹介
▼第55話/救世主▼第56話/大義なき殺人▼第57話/運命の出会い▼第58話/襲撃▼第59話/賭け▼第60話/最終兵器▼第61話/弱点▼第62話/絆▼第63話/すれ違う思い▼第64話/兄弟▼最終話/獅子●主な登場人物/雷光之介(いかずち・ひかりのすけ。たった一杯の飯で仇討ちを引き受け、藩士百人以上を相手に大立ち回りをして獄門島に送られた。幕府さえ恐れた一撃必殺の暗殺剣・陰派次元流<いんはじげんりゅう>の達人。曲がったことが大嫌いで、情にもろく少々お人好しな浪人者)、柘植極楽丸(つげ・ごくらくまる。光之介と瓜二つの容姿を持つ剣の達人。その正体は公儀刺客人頭首で、光之介の実の弟でもあることが判明)●あらすじ/志波十三郎をはじめとする暗殺集団が、国土を外国に売り渡そうとたくらむ御用人・大岡忠光を討つためついに決起! 愛国心に燃える十三郎たちは、すさまじい戦闘の末、大岡を斬ることに成功する。そして事が終わった後に、彼らの前に“同志”と名乗る黒幕の極楽丸が姿を現した…(第55話)。●本巻の特徴/双子の兄弟である、光之介と極楽丸。光之介は、弟が進める国家改造計画の全貌を知り、その暴走を止めるため立ち上がった…! 光之介の仲間となったのは、志波十三郎ら理想に燃えるサムライたち。難攻不落の巨大要塞と化した江戸城に飛び込んでいく。●その他の登場人物/志波十三郎(御家人の13番目の息子。幼少のみぎり、“国を救う獅子になる”という予言を受ける)、猿蔵(公儀刺客人の一員で、極楽丸の側近中の側近)

同じ作者のコミックス

  • 蒼(アオ)のデラシネ

    蒼(アオ)のデラシネ

  • 電光石火

    電光石火

  • ブルーダー

    ブルーダー

  • しっぷうどとう

    しっぷうどとう

  • アイ・ラブ・ユー

    アイ・ラブ・ユー

  • チューロウ

    チューロウ

オススメのコミックス

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • 闇金ウシジマくん

    闇金ウシジマくん

  • ピンポン

    ピンポン

  • 土竜(モグラ)の唄

    土竜(モグラ)の唄

  • アイアムアヒーロー

    アイアムアヒーロー

  • センチメントの季節

    センチメントの季節

  • たべるダケ

    たべるダケ

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

ページTOPへ