小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

おかみさん 13

一丸 
おかみさん 13
定価 本体486円+税
発売日 1997/09/30
ISBN 9784091844132
判型 B6
216頁
内容紹介
元気いっぱいの新米おかみさんと力士たちが繰り広げる笑いと涙のヒューマン ▼第1話/逃げるんじゃない▼第2話/前へ……▼第3話/愛情と栄養のチャンコ▼第4話/甘ずっぱいケーキ▼第5話/代理戦争勃発!▼第6話/聖夜の決闘▼第7話/新婚秘話!?▼第8話/三段目のヒーロー▼第9話/明日のステージ▼第10話/相撲しようよ!▼第11話/ニッポンのママ ●登場人物/山咲はつ子(春日部屋の元気いっぱいの新米おかみさん)、山咲一雄(春日部屋親方。はつ子の夫であり、元人気力士山嵐) ●あらすじ/安室と同期の力士で、倉品部屋に入門した門脇が一人で出稽古にやってきた。門脇は、春日部屋の力士たちをけなし、チャンコもちゃっかり食べ、結局1日中春日部屋にいた。一雄にこのことを話したはつ子は、一雄に「それは脱走じゃないのか」と言われ、おかみさんが心配をしているのではないか、とあわてて電話をした。だが、倉品部屋のおかみさんは、「やる気がない子はいらない」と冷たい対応をした(第1話)。▼9月場所第11日目、順調に勝ち続けている逆波は、今回勝ち越せば三役昇進間違いなしと言われている。このためか、普段以上に稽古にも力が入る逆波。だが「あと1勝」というところで負け続けてしまう。 逆波の稽古に付き合った花嵐は、逆波を飲みに誘う。その帰り道、酔った花嵐は、逆波に「余裕がない」と言い放った(第2話)。▼このところ毎日ケーキばかりを買ってくる谷。どうやらケーキ屋に好きな子がいるようである。そこで谷の想い人を是非見ようと皆でケーキ屋に出向いた。だが谷の想い人はお世辞にもかわいいと言えるような子ではなかった。彼女を見て大笑いする力士たち。「あんなのが好きなのか」と聞かれ、思わず「冗談だ」と答えてしまう谷であったが……(第4話)。 ●その他の登場キャラクター/花嵐(春日部屋の人気力士)、逆波(プロレス好きの力士。本名は高田)

同じ作者のコミックス

  • 七帝柔道記

    七帝柔道記

  • おかみさん平成場所

    おかみさん平成場所

  • 1年1組甲斐せんせい

    1年1組甲斐せんせい

  • おかみさん

    おかみさん

オススメのコミックス

  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所

  • 風の大地

    風の大地

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 岳

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

  • 深夜食堂

    深夜食堂

  • 玄米せんせいの弁当箱

    玄米せんせいの弁当箱

ページTOPへ