小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

ポジャリカ 1

作: 中川いさみ 
ポジャリカ 1
定価 本体951円+税
発売日 1995/12/19
ISBN 9784091837530
判型 A5
182頁
内容紹介
3人の子供達が町の人々と接しながら様々なことを学んでいく学習児童漫画!? ▼第1話/千円札の使い方▼第2話/スイカドロボーの見分け方▼第3話/犬のどかせ方▼第4話/サラリーマンについて考えてみよう▼第5話/すもー取りの触り方▼第6話/くす玉の作り方▼第7話/まつたけがりのやり方▼第8話/池に落ちたボールの拾い方▼第9話/お鍋の飛ばし方▼第10話/押しくらまんじゅーのやり方▼第11話/イノシシの描き方▼第12話/犬小屋の運び方▼第13話/からだのしくみ▼第14話/犬とフリスビーで遊ぶ方法▼第15話/ダルマさんの転がし方▼第16話/町の謎を探る▼第17話/告白のし方▼第18話/春になると出てくるもの▼第19話/バナナの皮の使い方▼第20話/連休の過ごし方▼第21話/石の売り方▼第22話/ガチャガチャ攻略法▼第23話/虫歯の治し方▼第24話/犬の散歩のさせ方▼第25話/セミのとり方▼第26話/宇宙人とゾンビとそば屋さんの見分け方▼第27話/プールでの遊び方▼第28話/朝顔の育て方 ▼力だめし ▼ポジャリカ自由研究/超高層ビルの建て方 ●登場人物/よりゆき(じつはこの物語の主人公、うずまきの同級生)、蜂山(強引な性格の、よりゆきの同級生)、うずまき(律儀な比較的常識をもつ、蜂山の同級生) ●あらすじ/学校の帰り道、うずまきが千円札を拾った。蜂山はこの千円札をどうするか聞くが、ひろったのはうずまき。彼は自分が拾ったのだから、自分ひとりで遣うとつれない。うずまきを非難するふたりを尻目に歩いていってしまう。よりゆきと蜂山はうずまきが千円札を何に遣うか気になって後をつける(第1話)。▼磯貝さんちにやってきたよりゆき。すると飼い犬のジョンがクーラーの風に当たるためにタンスの引き出しにしがみついていた。ジョンを動かそうとするが、がんとして動かない。考えた磯貝さんとよりゆきは、アイスクリームを買ってきて与えることにする。そこへ宅配便がやってきて…(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/おやじ化した公園のシカ(第1話)、磯貝さん、磯貝さんの飼い犬・ジョン(第3話)、理科のおじさん(第13話)

同じ作者のコミックス

  • 重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―

    重粒子の旅 ―鼻にガンができた!―

  • クマのプー太郎

    クマのプー太郎

  • カラブキ

    カラブキ

  • 関係筋

    関係筋

  • ポジャリカ

    ポジャリカ

  • 兄さんのバカ!

    兄さんのバカ!

  • 厳選ワタナベの素

    厳選ワタナベの素

  • クマのプー太郎

    クマのプー太郎

オススメのコミックス

  • 新・味いちもんめ

    新・味いちもんめ

  • ラーメン発見伝

    ラーメン発見伝

  • MOONLIGHT MILE

    MOONLIGHT MILE

  • だから笑介

    だから笑介

  • 医龍

    医龍

  • お礼は見てのお帰り

    お礼は見てのお帰り

  • あずみ

    あずみ

  • オデッセイ

    オデッセイ

ページTOPへ