小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

MONSTER 7

画: 浦沢直樹 
MONSTER 7
定価 535円(税込)
発売日 1997/10/30
ISBN 9784091836571
判型 B6
216頁
内容紹介
ヨーロッパを舞台に繰り広げられる、衝撃のサイコ・サスペンス!! ▼第1話/リヒァルト▼第2話/証拠の品▼第3話/白日の下に▼第4話/ただ一つの事件▼第5話/ヨハンへの旅▼第6話/処刑▼第7話/ある決意▼第8話/ライヒワインの日々▼第9話/白日の下へ ●登場人物/天馬賢三(元脳神経外科医。無実の罪に追われながら、“ヨハン”を追う)、リヒァルト(元刑事の私立探偵。ヨハンの謎を追うが、変死)、ライヒワイン(リヒァルトのカウンセリングをしている精神科医)、カール・ノイマン(ミュンヘン大学生。実はシューバルトの私生児)、ヨハン・リーベルト(ミュンヘン大学生。テンマが命を助けた双子の兄) ●あらすじ/かつて、敏腕刑事としてその名をはせていたリヒァルト。だが、勤務中に泥酔し、連続殺人犯を射殺してしまったことから、職も、家族も失っていた。現在は、精神科医であるライヒワインのカウンセリングを受けながら、過去から立ち直ろうとしていた。しかし、彼の心には射殺してしまった連続殺人犯のことがいつまでも引っ掛かっていた……(第1話)。▼ミュンヘン大学生のカールは、週に1回、実の父であるシューバルトの元でラテン語の本を読むアルバイトをしていた。ある日、シューバルトに朗読を褒められたカールは、「ヨハンに教わっている」と告げる。そして、「ヨハンが実の息子だったらどうするか」と尋ねた。滅多に笑わないシューバルトが微笑むのを見たカールは、ヨハンに嫉妬を覚えるのだった……(第2話)。 ●本巻の特徴/リヒァルトが刑事時代に追っていた3件の殺人事件は、“シューバルトを孤独にする”というものであった。このことを突き止めたリヒァルトであったが、突然変死してしまう。一方、ヨハンは学生でありながら、シューバルトに近付き、片腕にまでのしあがっていた。 ●その他の登場キャラクター/ハンス・ゲオルグ・シューバルト(“バイエルンの吸血鬼”と称される富豪)、Dr.ギーレン(テンマの学生時代の友人で、精神科医。テンマの無実を信じている)

同じ作者のコミックス

  • 日本短編漫画傑作集

    日本短編漫画傑作集

  • くしゃみ 浦沢直樹短編集

    くしゃみ 浦沢直樹短編集

  • あさドラ!

    あさドラ!

  • 夢印

    夢印

  • 夢印 豪華版

    夢印 豪華版

  • 21世紀少年 完全版

    21世紀少年 完全版

  • 20世紀少年 完全版

    20世紀少年 完全版

  • MONSTER Special Paperback

    MONSTER Special Paperback

オススメのコミックス

  • ミンゴ イタリア人がみんなモテると思うなよ

    ミンゴ イタリア人がみんなモテると思うなよ

  • 江川と西本

    江川と西本

  • 家栽の人

    家栽の人

  • 恋と国会

    恋と国会

  • ゲゲゲの家計簿

    ゲゲゲの家計簿

  • 月の子供は夜踊る

    月の子供は夜踊る

  • F

  • 重版出来!

    重版出来!

ページTOPへ