小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

みのり伝説 9

みのり伝説 9
定価 本体552円+税
発売日 1997/12/19
ISBN 9784091835697
判型 B6
272頁
内容紹介
●登場人物/杉苗みのり(将来作家になることを目標に日々奮闘するフリーライター。織田を尊敬し、恋心を抱いている。独身)、織田功(織田出版社長。みのりの才能を評価している)、望月卓也(月刊「インサイト」の編集者。みのりの元婚約者)、野口まさ子(興文社・月刊「イオニア」の新米編集者。現在望月と交際中)、あずさ(みのりの妹。元銀行マンの和田直樹と婚約)、山内隆子(バー「ミストラル」のママ。みのりの相談相手)
●あらすじ/みのりは、テレビ局で坂崎という無礼な男と出会う。その後の打ち合わせで、望月が「野口から貰った」と喜んで着ているシャツが、坂崎と同じものだと気付く。坂崎が大学時代の恋人だったと白状する野口は、望月と坂崎のどちらを選ぶか迷っていた。そんな矢先、野口と望月がデートしている所に、坂崎が現われて……(第1話)。▼望月は、坂崎の口汚い挑発に絶えきれずに彼を殴ってしまう。坂崎の「おまえのシャツは、俺の余り物だ」というウソに打ちのめされた望月は、野口と別れる決心をする。一方、野口はウソをついた坂崎を問いつめるが、同情を買うような坂崎の態度に、結局まるめ込まれてしまう(第2話)。▼妹、あずさの結婚式の日取りが自分の30歳の誕生日と同じ日だと知り、みのりは複雑な思いだった。そんな時、みのりのエッセイ集の表紙のイラストが上がった。みのりは喜ぶが、織田は超売れっ子のイラストレーター、飯沼に書き直しを要請、何だか険悪なムードになってしまう。その夜、みのりにとってショックな出来事が起こった。隆子がミストラルを閉店するというのだ(第3話)。
●その他の登場人物/坂崎(第1~6話)、小杉(第1、5話)、飯沼豪(第2~4話)、本多(第3~4話)、田代(第7話)、清子(第7話、最終話)、織田美代子(第8~9話)、和田直樹(第8話)、渡辺臣伎(第9~10話)、北山(第9~10話)

同じ作者のコミックス

  • 善人長屋

    善人長屋

  • どうらく息子

    どうらく息子

  • 蔵人

    蔵人

  • みのり伝説

    みのり伝説

  • 初恋スキャンダル

    初恋スキャンダル

オススメのコミックス

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • 風の大地

    風の大地

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 岳

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

  • 深夜食堂

    深夜食堂

  • 三丁目の夕日 映画化特別編

    三丁目の夕日 映画化特別編

ページTOPへ