小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

釣りバカ日誌 32

釣りバカ日誌 32
定価 本体505円+税
発売日 1992/11/30
ISBN 9784091828224
判型 B6
234頁
内容紹介
ご存じ“釣りバカ”ハマちゃんとスーさんが繰り広げる珍騒動!! ▼第1話/どうしてカムバック!?▼第2話/ジャパンフィッシング…!?▼第3話/奥の手でブッシュ▼第4話/湖上のイッポンジメ▼第5話/史上最強の連合軍▼第6話/古きよき父、よき友▼第7話/異常接近▼第8話/ニアミス・ニアミス▼第9話/鯉太郎だけが知っている▼第10話/オニギリの数は? ●主な登場人物/浜崎伝助(釣りバカで万年ヒラのペケサラリーマン)、鈴木一之助(鈴木建設社長。伝助の影響で釣りバカに)、浜崎みち子(伝助氏には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助、みち子の可愛いひとり息子)、佐々木和男(鈴木建設本部長) ●あらすじ/ここ数年風邪なんかひいたことのない佐々木さんが、熱を出してしまう。結局3日間休んで出社すると、なんとそこにハマちゃんが長野営業所から本社勤務に戻っている。しかも、本部長となった自分の隣の席に座っていて…(第1話)。▼日米建設協議のため再来日したロバート。もちろん日本でのスケジュールはぎっしり詰まっているが、そんなことで釣りの虫は収まらない。あれやこれやと苦労してスケジュールを調節するが、ハマちゃんとの仲を嫉妬するスーさんが邪魔をする。そこでロバートは最終手段を打つ!(第3話)。 ●本巻の特徴/偶然に知り合ったスーさんと修三が、お互いの素性を知らぬまま仲良くなる。 ●その他の登場キャラクター/邦栄建設の社長でハマちゃんの弟子・甘粕賢三郎(第2、3話)、アメリカ大統領特別顧問・ロバート・C・ケロッグ(第2、3、4話)、ロバートの妻・ケイト(第5話)、一之助の妻(第5話)、みち子さんの実父・小林修三(第6、7、8、9、10話) ●その他のデータ/ワカサギ釣り(第4話)▼裏表紙の伝助釣り講座~タチウオ

同じ作者のコミックス

  • 昭和トラベラー

    昭和トラベラー

  • 釣りバカ日誌 特別入門編 ~浜崎ちゃんは何故ヒーローなのか?~

    釣りバカ日誌 特別入門編 ~浜崎ちゃんは何故ヒーローなのか?~

  • 釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助

    釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助

  • あさひるばん

    あさひるばん

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • おもひで飲食展

    おもひで飲食展

  • 夕陽よ昇れ!!〔小学館文庫〕

    夕陽よ昇れ!!〔小学館文庫〕

  • まいど!南大阪信用金庫

    まいど!南大阪信用金庫

オススメのコミックス

  • 風の大地

    風の大地

  • 家栽の人

    家栽の人

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • 岳

  • みのり伝説

    みのり伝説

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

  • 深夜食堂

    深夜食堂

  • 三丁目の夕日 映画化特別編

    三丁目の夕日 映画化特別編

ページTOPへ