小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

愛しのバットマン 5

作: 細野不二彦 
愛しのバットマン 5
定価 534円(税込)
発売日 1993/04/28
ISBN 9784091826152
判型 B6
234頁
内容紹介
心優しき野球人、香山雄太郎。こよなく野球を愛する彼はプロ野球で大活躍 ●登場人物/香山雄太郎(プロ野球チーム、ロビンズの選手)、香山リカ(香山雄太郎の妻、資産家・万里小路家の3女でロビンズのオーナーは叔父にあたる) ●あらすじ/ジャガーズから移籍したばかりの捕手・新城はロビンズの投手達と衝突していた。みな、新城の出すサインに従わないばかりか、ついには投手のひとり古川が試合中のマウンドで新城を殴ってしまう。香山も新城にベンチで話しかけても全く無視されていたのだ。しかし、新城が平凡なキャッチャーフライを取り損ねたことから、香山の脳裏にひとつの考えが浮かぶのだった(第1話)。▼飯田電工(株)野球部に所属する大友甚平は32歳。プロ野球選手を目指していたが、夢かなわず一度でもいいからプロのマウンドに立ってみたいと思っている。だが、現実は厳しく、チームの監督にも引退をほのめかされてしまう。愛する息子の公平も、サッカーに夢中で野球には見向きもしない。そんなあるとき香山は、サッカーの練習帰りに友達と道幅一杯に自転車で走っていた公平たちを注意する。通り掛かった大友に助けを求める公平。大友は香山に野球で勝負を付けようと申し出るのだった(第2話)。 ●本巻の特徴/木製バットは通常70年以上育ったアオダモで作られるが、樹齢30年前後の若木で作られたバットが欲しいと北海道まで行く香山。しかし、アオダモの製材所・大樹産業の社長はガンとして譲ってくれない。困った香山は貴重な若木を得るのに相応しい人間かどうかじかに判断して欲しいと、山の中でバッティングを始めた。さて、香山は樹齢30年のアオダモのバットを手にいれることができるのか。 ●その他の登場キャラクター/新城、古川、池畑守、関監督、北方ヘッドコーチ、(第1話)、大友甚平、公平(第2話)、オーシャンスポーツ営業・大杉、ユニバーサルスポーツ営業・小宮山(第4話)京都老舗呉服屋きょうもとのどら息子・武彦(第8話)、スコアラー・松井(第10話)

同じ作者のコミックス

  • 細野不二彦初期短編集

    細野不二彦初期短編集

  • バディドッグ

    バディドッグ

  • 漫画家本

    漫画家本

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • 商人道

    商人道

  • 東京探偵団

    東京探偵団

  • さすがの猿飛

    さすがの猿飛

  • 太郎〔小学館文庫〕

    太郎〔小学館文庫〕

オススメのコミックス

  • ももたろう

    ももたろう

  • 医龍

    医龍

  • フットボールネーション

    フットボールネーション

  • 幽麗塔

    幽麗塔

  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト

    機動戦士ガンダム サンダーボルト

  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト 16 設定集vol.2付き限定版

    機動戦士ガンダム サンダーボルト 16 設定集vol.2付き限定版

  • 機動戦士ガンダム サンダーボルト 17 キャラクターブック付き限定版

    機動戦士ガンダム サンダーボルト 17 キャラクターブック付き限定版

  • 味いちもんめ にっぽん食紀行

    味いちもんめ にっぽん食紀行

ページTOPへ