小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

釣りバカ日誌 23

「釣りバカ日誌 104」は2020/02/28に発売予定です。
釣りバカ日誌 23
定価 本体505円+税
発売日 1988/12/19
ISBN 9784091815439
判型 B6
226頁
内容紹介
ご存じ“釣りバカ”ハマちゃんとスーさんが繰り広げる珍騒動!! ▼第1話/船上の鈴建代表▼第2話/もみ消し不能の鈴建代表!?▼第3話/大山鳴動魚一匹?▼第4話/真相不明の鶴の一声▼第5話/諮問委員会の◎とX▼第6話/コスモポリスのハエ▼第7話/社内コンフィデンスに一言なし▼第8話/非生産的ハエ退治▼第9話/浜崎(ハマ)ちゃんVS花ちゃん勝負!?▼第10話/T字型ハゼ技法 ●登場人物/浜崎伝助(釣りバカで万年ヒラのペケ社員)、鈴木一之助(鈴木建設社長)、佐々木和男(営業部長兼役員待遇)、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の可愛いひとり息子) ●あらすじ/ひょんなことからコスモポリス新東京という一大プロジェクトの諮問委員会に鈴建代表として紛れ込んでしまった伝助。事の重大さにまったく気づかない伝助は、委員会の席でも釣りバカぶりを発揮する。一方、鈴建社内では“なぜあのペケ社員の伝助が代表に”と大騒ぎ……(第2話)。 ●本巻の特徴/この第23巻では、伝助のせいで一大プロジェクトの諮問委員会が大騒動。ひっこみのつかなくなったスーさんは、委員会の委員長であり旧友でもある日本電々総裁、稲川の説得もあって伝助を正式に鈴建代表として認めるが……(第4話)。 ●その他の登場キャラクター/営業三課課長・久米三郎(第1~4話)、建設省のキャリア組・花沢亨彦(第1、2、5、6~10話)、日本電々総裁・稲川春男(第2~5、8~10話) ●その他のデータ/キス釣り(第1話)、ハゼ釣り(第9、10話)、▼裏表紙の伝助釣り講座~タラ

同じ作者のコミックス

  • 昭和トラベラー

    昭和トラベラー

  • 釣りバカ日誌 特別入門編 ~浜崎ちゃんは何故ヒーローなのか?~

    釣りバカ日誌 特別入門編 ~浜崎ちゃんは何故ヒーローなのか?~

  • 釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助

    釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助

  • あさひるばん

    あさひるばん

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • おもひで飲食展

    おもひで飲食展

  • 夕陽よ昇れ!!〔小学館文庫〕

    夕陽よ昇れ!!〔小学館文庫〕

  • まいど!南大阪信用金庫

    まいど!南大阪信用金庫

オススメのコミックス

  • おかみさん

    おかみさん

  • 風の大地

    風の大地

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 弁護士のくず

    弁護士のくず

  • 岳

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

  • 木々野さん家の夕食

    木々野さん家の夕食

ページTOPへ