小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

三丁目の夕日 夕焼けの詩 18

作: 西岸良平 
三丁目の夕日 夕焼けの詩 18
定価 556円(税込)
発売日 1985/01/30
ISBN 9784091802989
判型 B6
226頁
内容紹介
昭和30年代の世界に現代の心のふるさとを追う、珠玉のメルヘン。 ▼第1話/一枚の写真▼第2話/シャボン玉▼第3話/雨やどり▼第4話/ほおずき▼第5話/海のバカンス▼第6話/ボーイスカウト▼第7話/夏の終わり▼第8話/月夜の晩に▼第9話/キノコ狩り▼第10話/菊人形▼第11話/文化の日▼第12話/白いエプロン▼第13話/手編みのセーター▼第14話/ストーブリーグ ●登場人物/鈴木則文(鈴木オートの社長。働き者で子供には少々甘い)、鈴木トモエ(優しくてしっかり者のお母さん。時に怒ると恐い)、鈴木一平(鈴木オートの一人息子。ワンパクだが、気は優しい) ●あらすじ/三丁目にある唯一の写真屋さん、高木写真館は学校の卒業アルバムや記念写真、お見合い写真にDPEと、町の写真を一手に引き受けていた。特に婿養子の豊の仕事は丁寧で、ご近所の評判もうなぎ登り。お見合い写真では、本人より何倍も美人に撮ってくれるし、失敗した素人写真もプリントのテクニックでなんとかしてしまう。だがその裏には豊の並々ならぬ苦労があったのだ(第1話)。▼三丁目の理容店「バーバー野村」に凄い髭面の客がやって来た。一人で店番をしていた店員のスミちゃんが、要望どおりに髭を剃り落とすと、意外にハンサムな顔が。彼が帰った後、ふと店内の指名手配のポスターを見てびっくり。あの髭面が、殺人犯にそっくりだったのだ!その男が、近所のアパートに越してきたと知ったスミちゃんは…(第2話)。 ●その他のDATA/昭和30年代風物誌~カメラいろいろ(第1話)、ほおずき遊び(第4話)、ボーイスカウト(第6話)、赤痢(第7話)、キノコいろいろ(第9話)

同じ作者のコミックス

  • 三丁目の夕日 年々歳々

    三丁目の夕日 年々歳々

  • ビッグコミックセレクション名作短編集

    ビッグコミックセレクション名作短編集

  • 特選 三丁目の夕日・12か月 普及版

    特選 三丁目の夕日・12か月 普及版

  • 三丁目の夕日〔小学館文庫〕

    三丁目の夕日〔小学館文庫〕

  • 三丁目の夕日 傑作集

    三丁目の夕日 傑作集

  • 三丁目の夕日(小学館文庫)

    三丁目の夕日(小学館文庫)

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

オススメのコミックス

  • おかみさん

    おかみさん

  • 風の大地

    風の大地

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 岳

  • 黄昏流星群

    黄昏流星群

  • 深夜食堂

    深夜食堂

  • テツぼん

    テツぼん

  • どうらく息子

    どうらく息子

ページTOPへ