小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

神様ドォルズ 3

神様ドォルズ 3
定価 本体533円+税
発売日 2008/09/19
ISBN 9784091571496
判型 B6
216頁
内容紹介
▼第13話/故郷へ…▼第14話/故郷の人々▼第15話/お社▼第16話/追憶の肖像(I)▼第17話/追憶の肖像(II)▼第18話/追憶の肖像(III)

●主な登場人物/枸雅匡平(クガキョウヘイ。経験的事なかれ主義者。世の中を甘く見ているところがある)
●あらすじ/自分と同じ顔をした謎の隻の襲撃を辛くも退けた詩緒。しかし、その戦いで玖吼理の腕は砕かれてしまい、責任を感じた詩緒はひどく落ち込んでいた。玖吼理の修理のため、そして謎の隻の正体を明らかにするため、匡平は詩緒と共に空守村に帰ることに。一度は故郷を捨てたはずの自分が、今なお騒動に巻き込まれることに苛立ちを隠せない匡平だが、日々乃が一緒に空守村に行くと言い出して…(第13話)。
●本巻の特徴/破壊された玖吼理の修理のため故郷・空守村に戻った匡平たち。そこで明かされる、匡平と阿幾にまつわる6年前の悲しき出来事…。過去編突入、注目の第3集!!
●その他の登場人物/詩緒(ウタオ。匡平の妹。ポテンシャルは高いが本番に弱い。すぐ頭に血が上る)、史場日々乃(シバヒビノ。父子家庭で育ったため母性が強い。異常事態に対する許容度も高い)、勾司朗(コウシロウ。枸雅一族と対立する日向家の隻。阿幾を仲間にしようと画策)、謎の隻(勾司朗と行動を共にする。その顔は詩緒とそっくりで…)、阿幾(アキ。匡平の幼なじみ。一見危ない快楽殺人者のようだが…)、案山子(カカシ。匡平の故郷で「神の抜け殻」などとして祀られる謎の人形)

同じ作者のコミックス

  • 姫ヤドリ

    姫ヤドリ

  • 碧き青のアトポス

    碧き青のアトポス

  • 神様ドォルズ

    神様ドォルズ

  • 境界戦線

    境界戦線

オススメのコミックス

  • e'(イーダッシュ)

    e'(イーダッシュ)

  • ブラック・ラグーン

    ブラック・ラグーン

  • ブラック・ラグーン 11 ロアナプラお土産セット付き限定版

    ブラック・ラグーン 11 ロアナプラお土産セット付き限定版

  • 今際の国のアリス

    今際の国のアリス

  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic

  • 天穹は遥か-景月伝-

    天穹は遥か-景月伝-

  • 今際の路のアリス

    今際の路のアリス

  • 魔王の階

    魔王の階

ページTOPへ