小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

ネコの王 1

著: 小野敏洋 
ネコの王 1
定価 本体552円+税
発売日 2001/07/18
ISBN 9784091570116
判型 B6
226頁
内容紹介
▼第1話/女神の祝福▼第2話/セロと修▼第3話/王の義務▼第4話/古麻子▼第5話/カナガキの野望▼第6話/継ぐのは?●登場人物/伍岳修(ごたけ・しゅう。「ネコの王」に任命された元気な男の子)、セロ(魔法によって人語を操る黒猫。先祖が伍岳家に隠した宝を取りにきたことがきっかけで、修と組むことに)●あらすじ/修の家に、魔法によって人の言葉を喋る黒猫・セロがやってきた。セロの遠い先祖が修の家の庭に埋めたという宝の壺を取りにきたのだ。掘り出した壺の中には冠が入っていた。それを修が自分の頭にのせてしまったことから、大変な事が起こる。修は目の前に現れた"猫女神さま"から「ネコの王」に任命されてしまったのだ(第1話)。●本巻の特徴/ネコの王。それは、地球上の全ての生き物の頂点に立つ、唯一絶対の存在のこと。とはいえ本質は「支配」ではなく、「責任」にある。つまり決して独裁者ではなく、地球上の全ての生き物の面倒を見るのが仕事なのだ。ふとしたはずみで、その「ネコの王」になってしまい、万能の武器「王の剣」を手にした修が、相棒となるセロと共に活躍。自分勝手な猫女神さまや、ネコの王の座を狙うライバル猫・カナガキ、やっかいな敵・法機(魔法機械)、妖怪・黒々霧(くろぐろむ)らを相手に、騒動を起こしたり戦ったり、賑やかな毎日を繰り広げる。●その他の登場人物/伍岳苑子(修の姉。修の親代わりを努めている)、高麗古麻子(こま・こまこ。修の幼なじみ)、猫女神さま(神出鬼没で気まぐれ、でもナイスバディーな女神)、カナガキ(「ネコの王」の座を狙う、セロのライバル猫)、グリ、ダイロク(カナガキの子分の猫)

同じ作者のコミックス

  • ネコの王

    ネコの王

オススメのコミックス

  • Wake up!

    Wake up!

  • ロケハン

    ロケハン

  • ブラック・ラグーン

    ブラック・ラグーン

  • REC

    REC

  • ラバーズ7

    ラバーズ7

  • ヨルムンガンド

    ヨルムンガンド

  • 東京カラス

    東京カラス

  • IS<インフィニット・ストラトス>

    IS<インフィニット・ストラトス>

ページTOPへ