小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

蒼(アオ)のデラシネ 2

著: 盛田賢司 
蒼(アオ)のデラシネ 2
定価 556円(税込)
発売日 2002/11/05
ISBN 9784091527523
判型 B6
208頁
内容紹介
▼第11話/終わりだ▼第12話/信じてた▼第13話/誰も死なせない▼第14話/にいちゃん▼第15話/平和のため▼第16話/みんな一緒に▼第17話/忘れるな▼第18話/覆ってる▼第19話/まちがいない▼第20話/蒼い龍の巫女▼第21話/まやかしのもの●主な登場人物/椎名陸(サーカス団の軽業師だった少年。父はアメリカ人、母は日本人。麗芳と共に「蒼い龍」を追う)、蔡麗芳(ツアイ・リーファン。戦局を劇的に変えるという「蒼い龍」の謎を解く鍵となる、中国人少女)●あらすじ/中国へ向かう船の中で、添島機関が差し向けた実験体・菊間少尉に襲われた陸と麗芳。危機一髪の二人の前に、神道海(しんどう・かい)という正体不明の男が現れた。神道は菊間に真っ向から立ち向かうが、その最中、船はアメリカの潜水艦の攻撃を受け沈没してしまう。海中に投げ出された陸たちは…?(第11話)●本巻の特徴/救命ボートで漂っていた陸たちは、中国から日本へ向かう日本人学校の船に助けられた。だがそこにも後を追ってきた菊間が現れ、再び陸たちとの闘いが始まる…。船上での壮絶な闘いの後、陸と麗芳は仲間になった神道と共に中国へ。彼らの前に、蒼い龍の秘密を知る男・袁空(ユアンコン)が現れ、物語は新たな展開を見せる。●その他の登場人物/神道海(しんどう・かい。元・歩兵部隊の軍曹。添島機関の実験体たちに部隊を全滅させられ、その復讐のため機関を追う)、菊間太一(添島機関の少尉。不当な差別を受けている兄弟たちを救うため、添島機関に身を売り実験体となった。本来持っていた潜水能力に注目され、人間魚雷に改造されている)、添島(添島機関の部隊長である大佐)、少佐(添島機関の試作第一号。幼い子供ながら、人の心を読み取る「潜脳」という特殊な能力を身につけている)、榊(添島機関の中国支部総司令)、袁空(ユアンコン。蒼い龍の伝説を後世に伝えてきた語り部の一族の末裔)

同じ作者のコミックス

  • 蒼(アオ)のデラシネ

    蒼(アオ)のデラシネ

  • 電光石火

    電光石火

  • ブルーダー

    ブルーダー

  • しっぷうどとう

    しっぷうどとう

  • アイ・ラブ・ユー

    アイ・ラブ・ユー

  • チューロウ

    チューロウ

オススメのコミックス

  • ムジナ

    ムジナ

  • おやすみプンプン

    おやすみプンプン

  • 柔らかい肌

    柔らかい肌

  • OUT-SIDER

    OUT-SIDER

  • 仙果と鬼

    仙果と鬼

  • 闇金ウシジマくん

    闇金ウシジマくん

  • 裏バイト:逃亡禁止

    裏バイト:逃亡禁止

  • ミステリと言う勿れ

    ミステリと言う勿れ

ページTOPへ