小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

Dr.コトー診療所 10

作: 山田貴敏 
Dr.コトー診療所 10
定価 本体505円+税
発売日 2003/07/05
ISBN 9784091525109
判型 B6
208頁
内容紹介
▼第103話/Dr.コトー、偲ばれる。▼第104話/Dr.コトー、導く。▼第105話/Dr.コトー、与える。▼第106話/Dr.コトー、忘れられる。▼第107話/Dr.コトー、懸念する。▼第108話/Dr.コトー、走る。▼第109話/Dr.コトー、あきれられる。▼第110話/Dr.コトー、とり出す。▼第111話/Dr.コトー、検査される。▼スペシャルレポート1/テレビドラマ「Dr.コトー診療所」キャスト紹介▼スペシャルレポート2/「古志木村」のモデルになった鹿児島県下甑島取材記●主な登場人物/五島健助(ごとう・けんすけ。東京の大学病院から古志木島にやってきた、優秀な腕を持つ外科医。穏やかな性格と強い責任感で、島の医療に貢献する。島では名前を間違われ、コトー先生と呼ばれている)、星野彩佳(診療所の看護婦。看護婦歴3年の22歳。島の看護婦だった母のあとを継ぐ)●あらすじ/かつての同僚コトーに影響され、大学病院を辞めて離島の医者になった三上新一。彼の患者・藤原達夫は余命幾ばくもない老人だった。三上はその娘から、寝たきり状態の達夫が、長年手入れしてきた杉林に未練を残していることを聞き、型どおりの延命治療でしかない自分の医療に疑問を抱き始める。その矢先、達夫が姿を消したとの連絡が入る…(第103話)。●本巻の特徴/コトーを慕い離島の診療所で働く三上が、余命わずかな患者と向き合い、その生きがいを問う(第103~5話)。大学時代の後輩の嫁ぎ先である古志木島を訪れた健康食品のコンサルタント・杉本が島の湧き水に目を付ける(第106~8話)。40年間自転車で古志木島の配達を続け、明日で定年を迎える郵便局員の最後の一日を描く(第109~110話)。他、全9話を収録。●その他の登場人物/安藤重男(古志木島の漁労長。通称シゲさん)、原(息子・タケヒロをコトーに救ってもらって以来、彼を厚く信頼している漁師)、●その他のデータ/巻末には、2003年7月からテレビドラマ化(フジテレビ系)された「Dr.コトー診療所」のキャスト紹介。さらに本作品のモデルとなった鹿児島県下甑島に離島医療歴30年の医師を訪ねる。

同じ作者のコミックス

  • マッシュ

    マッシュ

  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所

  • いただきます!

    いただきます!

  • アクシデンツ 事故調クジラの事件簿

    アクシデンツ 事故調クジラの事件簿

  • Dr.コトー診療所 豪華愛蔵版

    Dr.コトー診療所 豪華愛蔵版

  • Dr.コトー診療所

    Dr.コトー診療所

オススメのコミックス

  • 釣りバカ日誌

    釣りバカ日誌

  • おかみさん

    おかみさん

  • 風の大地

    風の大地

  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩

    三丁目の夕日 夕焼けの詩

  • ムジナ

    ムジナ

  • 高橋留美子劇場

    高橋留美子劇場

  • 弁護士のくず

    弁護士のくず

  • 岳

ページTOPへ