小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

太郎(TARO) 24

作: 細野不二彦 
太郎(TARO) 24
定価 556円(税込)
発売日 1999/11/05
ISBN 9784091523747
判型 B6
232頁
内容紹介
▼第249話/カッテにしろ▼第250話/父と同じ▼第251話/夢のリング▼第252話/世紀のリング▼第253話/不動の王者▼第254話/苦悶の挑戦者▼第255話/善戦▼第256話/伝家の宝刀▼第257話/世界のトップ▼第258話/つぶしあい▼最終話/世界一の男 ●登場人物/吉野太郎(世界チャンプを夢見るバンタム級ボクサー。信金サラリーマンを辞め、今はボクシング一筋)、ジロー・ガルシア・ロメロ(無手勝(むてかつ)流ハメド・スタイルを駆使するボクサー。現WBCフェザー級世界チャンピオン)、森崎みほ(信金で太郎の先輩だった女性。今は太郎のマネジャーを務める) ●あらすじ/世界タイトルマッチを控え、沖縄でキャンプをはる太郎。そんな彼のもとへ、突然ガルシアが太郎を元気づけるために現われた。一方、世界チャンピオン・ホセに会いに行ったクマノ会長は、ホセが怪我をしたため、試合をキャンセルしてほしいと言われる。(第249話)▼ガルシアと太郎、そして太郎の父親3人が沖縄で直接顔をあわせる。父親は会社立ち上げのため、太郎に資金の調達を求めてきたのだ。しかし太郎は、10年前、父親のせいで殺されたガルシアの姉・アンジェリーナの話を持ちだし、そのことをガルシアに謝罪すれば融資してもいいと答える。(第250話) ●本巻の特徴/世界チャンピオン・ホセの負傷により、代わって前チャンピオンであるイワン=ヴァシリエフと戦うことになる太郎。自分にボクシングを教えてくれた先輩・花形の思いを胸に、完全無敵と呼ばれるイワンと最後の死闘を繰り広げる。

同じ作者のコミックス

  • 細野不二彦初期短編集

    細野不二彦初期短編集

  • バディドッグ

    バディドッグ

  • 漫画家本

    漫画家本

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • 商人道

    商人道

  • 東京探偵団

    東京探偵団

  • さすがの猿飛

    さすがの猿飛

  • 太郎〔小学館文庫〕

    太郎〔小学館文庫〕

オススメのコミックス

  • ムジナ

    ムジナ

  • 愛がいそがしい

    愛がいそがしい

  • エロ純万遊記

    エロ純万遊記

  • 初恋スキャンダル

    初恋スキャンダル

  • おやすみプンプン

    おやすみプンプン

  • OUT-SIDER

    OUT-SIDER

  • JUMBO MAX

    JUMBO MAX

  • からかい上手の(元)高木さん

    からかい上手の(元)高木さん

ページTOPへ