小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

太郎(TARO) 22

作: 細野不二彦 
太郎(TARO) 22
定価 556円(税込)
発売日 1999/08/05
ISBN 9784091523723
判型 B6
216頁
内容紹介
▼第227話/花形二世▼第228話/さらば愛しき人よ▼第229話/ニュース▼第230話/謎の敗戦▼第231話/森崎の決意!!▼第232話/チェス!!▼第233話/鷹の紋章▼第234話/1991年▼第235話/ビジネス▼第236話/マフィア▼第237話/カオス!!
●登場人物/吉野太郎(世界チャンプを夢見るバンタム級ボクサー。同時に信金サラリーマンでもある。ボクサーとして成長を続け、日本チャンピオンの座も近い)、ジロー・ガルシア・ロメロ(無勝手流ハメド・スタイルを駆使する外国人出稼ぎボクサー。大阪のジムから東京のアポロジムに移籍。現日本バンタム級チャンピオン)、森崎みほ(信金で太郎の先輩だった女性。今はアポロジムでガルシアのマネージャーを務める)
●あらすじ/左コブシの骨折にもめげず、見事チャンピオンになった太郎。一夜明けて、信金の寮の庭いじりに精を出していた。そんな時管理人さんから、ガルシアが日本のジムをやめ、故郷に帰ることを聞き、おおあわてで成田空港へ駆けつける。なんとそこには森崎がいた(第1話)。▼やっとガルシアを捜し当て、彼から事情を聞いた太郎。噂のようにジムを首になったのではなく、強制送還される妻・サンディと生まれたばかりの娘・アンジェリーナとともに暮らすため、アポロジムを自ら辞め、故郷フィリピンへ帰ることに決めたのだった。一方森崎は、太郎とは昔からの知り合いだったことを初めてガルシアに告白する(第2話)。
●本巻の特徴/日本チャンピオンから東洋太平洋チャンピオンへと順調にステップを登り、世界チャンピオンにも手が届こうかというその時、イワン・ヴァシリエフが王座から陥落したことを耳にする太郎。その後行方をくらましたという彼を捜して、アメリカ・ロサンゼルスへ飛ぶ。

同じ作者のコミックス

  • 細野不二彦初期短編集

    細野不二彦初期短編集

  • バディドッグ

    バディドッグ

  • 漫画家本

    漫画家本

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • 商人道

    商人道

  • 東京探偵団

    東京探偵団

  • さすがの猿飛

    さすがの猿飛

  • 太郎〔小学館文庫〕

    太郎〔小学館文庫〕

オススメのコミックス

  • ムジナ

    ムジナ

  • 愛がいそがしい

    愛がいそがしい

  • エロ純万遊記

    エロ純万遊記

  • 初恋スキャンダル

    初恋スキャンダル

  • おやすみプンプン

    おやすみプンプン

  • OUT-SIDER

    OUT-SIDER

  • 君は放課後インソムニア

    君は放課後インソムニア

  • 藤子・F・不二雄大全集 パーマン

    藤子・F・不二雄大全集 パーマン

ページTOPへ