小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

太郎(TARO) 21

作: 細野不二彦 
太郎(TARO) 21
定価 556円(税込)
発売日 1999/07/05
ISBN 9784091523716
判型 B6
208頁
内容紹介
▼第216話/帰りたい▼第217話/計量パス!!▼第218話/左手の爆弾!!▼第219話/待望の日▼第220話/ガリーの底力▼第221話/10対8!!▼第222話/オレは生きる▼第223話/反撃の左▼第224話/サヨナラ▼第225話/往生せよ▼第226話/流星雨の夜に
●登場人物/吉野太郎(世界チャンプを夢見るバンタム級ボクサー。同時に信金サラリーマンでもある。ボクサーとして成長を続け、日本チャンピオンの座も近い)、ジロー・ガルシア・ロメロ(無勝手流ハメド・スタイルを駆使する外国人出稼ぎボクサー。大阪のジムから東京のアポロジムに移籍。現日本バンタム級チャンピオン)、森崎みほ(信金で太郎の先輩だった女性。今はアポロジムでガルシアのマネージャーを務める)
●あらすじ/吉野VSガルシア戦まであと36時間。アポロジム会長・高塚の元へ、ガルシア行方不明との連絡が入る。妻のサンディが入国管理局に拘束され、元々所属していた新世界ジムのある大阪の地を、ひとり訪れていた。だが、ジムもつぶれ、行く当てもないガルシア。明日の試合はどうなる!?(第216話)▼そのころ、前日に誘拐された森崎を助け出していた太朗は、信金の職場で居眠り。計量にあたっても全く不安がなく、きわめて順調に計量当日の朝を迎えていたかに見えたが…(第217話)
●本巻の特徴/因縁の吉野VSガルシア戦、いまゴングが鳴る!! 体に異変を抱えたまま、立ち上がり接近戦を仕掛けていく吉野。一見好調に見えるのだが、その裏にはいったい何が!?

同じ作者のコミックス

  • 細野不二彦初期短編集

    細野不二彦初期短編集

  • バディドッグ

    バディドッグ

  • 漫画家本

    漫画家本

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • 商人道

    商人道

  • 東京探偵団

    東京探偵団

  • さすがの猿飛

    さすがの猿飛

  • 太郎〔小学館文庫〕

    太郎〔小学館文庫〕

オススメのコミックス

  • ムジナ

    ムジナ

  • 愛がいそがしい

    愛がいそがしい

  • エロ純万遊記

    エロ純万遊記

  • おやすみプンプン

    おやすみプンプン

  • 柔らかい肌

    柔らかい肌

  • OUT-SIDER

    OUT-SIDER

  • アオアシ

    アオアシ

  • アオアシ 19 エスペリオンユニフォーム付き限定版

    アオアシ 19 エスペリオンユニフォーム付き限定版

ページTOPへ