小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

太郎(TARO) 20

作: 細野不二彦 
太郎(TARO) 20
定価 556円(税込)
発売日 1999/06/05
ISBN 9784091520609
判型 B6
216頁
内容紹介
▼第205話/減量苦▼第206話/心のささえ▼第207話/SOS▼第208話/消えた森崎さん▼第209話/交換条件!?▼第210話/まきこんでやる▼第211話/わたしと同じ▼第212話/ラブホテル▼第213話/極限状況▼第214話/追いつめたぞ▼第215話/森崎さん救出劇
●登場人物/吉野太郎(世界チャンプを夢見るバンタム級ボクサー。同時に信金サラリーマンでもある。ボクサーとして成長を続け、日本チャンピオンの座も近い)、ジロー・ガルシア・ロメロ(無勝手流ハメド・スタイルを駆使する外国人出稼ぎボクサー。大阪のジムから東京のアポロジムに移籍。現日本バンタム級チャンピオン)、森崎みほ(信金で太郎の先輩だった女性。今はアポロジムでガルシアのマネージャーを務める)
●あらすじ/1月後の太郎との日本タイトルマッチへ向け、調整を続けるチャンピオン・ガルシア。だが、強敵との試合を前にして過酷な減量を続け、ただでさえその精神状態は極限にまで張り詰めているのに、これ以上筋肉を付けないよう、過度の練習を禁止され、ついに切れてジムで大暴れをはじめる。そしてマネージャー・森崎は、したいようにして減量に失敗したら、それは仕方ないことだと言い放つ(第205話)▼真横から飛んでくるガルシアのサブマリン・フック対策に、サッカーボールを使った練習に励む太郎。一方ガルシアは、練習も出来ないまま、サンディを心の支えに減量を続けていた(第206話)
●本巻の特徴/世紀の一戦、吉野VSガルシア戦を前にして森崎は、試合後にガルシアのマネージャーから降りたいと言い出す。だが試合直前に突如姿を消して…

同じ作者のコミックス

  • 細野不二彦初期短編集

    細野不二彦初期短編集

  • バディドッグ

    バディドッグ

  • 漫画家本

    漫画家本

  • ギャラリーフェイク

    ギャラリーフェイク

  • 商人道

    商人道

  • 東京探偵団

    東京探偵団

  • さすがの猿飛

    さすがの猿飛

  • 太郎〔小学館文庫〕

    太郎〔小学館文庫〕

オススメのコミックス

  • ムジナ

    ムジナ

  • 愛がいそがしい

    愛がいそがしい

  • エロ純万遊記

    エロ純万遊記

  • 初恋スキャンダル

    初恋スキャンダル

  • おやすみプンプン

    おやすみプンプン

  • OUT-SIDER

    OUT-SIDER

  • 闇金ウシジマくん

    闇金ウシジマくん

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには

    TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには

ページTOPへ