岩本ナオWorld
祝!第55回小学館漫画賞受賞!
コミックス最新刊!  町でうわさの天狗の子 第6巻   雨無村役場産業課兼観光係 第3巻  4月9日ごろ同時発売!  定価各420円
ためしよみ
ためしよみ
ご購入はコチラ!
ご購入はコチラ!
町でうわさの天狗の子主人公は天狗の娘! だけど見た目もフツー、男の子とに恋して、友達とドーナツ食べて、  悩みながら毎日を生きるノ  なんだかヘンテコ。だけど時々じーんと来る少女まんがの新傑作。
雨無村役場産業課兼観光係東京の大学を卒業し、故郷の村役場に就職した主人公・銀ちゃん。  若者がいなさすぎの過疎の村が抱える問題と向き合いながら、  村おこしに奮闘する! その途中で恋模様も芽生え始めて
岩本ナオプロフィール   岡山県出身。  2004年、「その彼女の存在」(『月刊フラワーズ』2004年5月号掲載)でデビュー。2005年7月号より初連載「スケルトン イン ザ クローゼット」スタート(2005年11月、初単行本として刊行)。  以後も同誌で短編や短期集中連載を継続し、2007年6月号より「町でうわさの天狗の子」をスタート。天狗と人間のハーフの女の子が主人公で、その存在が違和感なく世の中に受け入れられているという設定も注目を集め、連載開始とともに反響を呼ぶ。  また、この連載と並行する形で、『月刊フラワーズ』の増刊『凛花』初号(2007年)より、「雨無村役場産業課兼観光係」をスタートさせる。同作は岡山県の迫川地区をモデルにしている部分もあることから、地元でも話題に。  2009年11月、「町でうわさの天狗の子」が、『TVBros』(東京ニュース通信社)が主催する「ブロスコミックアワード2009」で栄えある大賞を受賞。テレビ好き層からも強い支持を受けていることを証明する。  2010年には第55回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞。今、小学館だけでなく、漫画界全体から最も大きな期待を寄せられる漫画家の一人。
『月刊フラワーズ』ホームページ