小学館のコミック情報が全てここにSHOGAKUKAN COMIC

Clock Clock

Clock Clock
定価 本体552円+税
発売日 2001/07/05
ISBN 9784091581617
判型 B6
264頁
内容紹介
●あらすじ/不破航は、自作飛行機の開発に燃える少年。気軽に飛べる「空の原チャリ」を目指して、周囲の嘲笑にもめげず、今日も河川敷で実験を繰り返していた。その時、空の彼方から奇妙な音が。なんと第一次大戦中のドイツの三葉機「フォッカーDr.T」が、現代の日本にやってきたのだ。パイロットは、レベッカという名の女の子。信じられないことに、その飛行機はタイムマシンで、1919年のドイツからやってきたらしい。レベッカは、行方不明になってしまった尊敬する先生を探しにきたというのだが…!?(第1話)。▼第1話/過去からの旅人▼第2話/過去という名の現実▼第3話/現実からの脱出▼第4話/父と娘…▼第5話/誇り(プライド)をかけた飛行(フライト)▼第6話/未来を知る男▼最終話/そして、時の狭間に…●主な登場人物/不破航(ふわ・こう。自作飛行機作りに燃える少年。正義感が強く、夢の実現に燃えている)、レベッカ・マイフォーハー(1919年のドイツから、タイムマシンでやってきた女の子)、アルセーヌ・ルパン(ご存じ、世紀の大怪盗。タイムマシンを狙って、航やレベッカにつきまとう)●本巻の特徴/レベッカが尊敬する先生というのは、人類史上最高の科学者として名高い、あのアインシュタインだった。彼は、時空の相転位を可能にする物質「∞(インフィニ)- マテリアル」を発見するが、その実験中、時空の狭間に吸い込まれてしまったという。レベッカは消えたアインシュタインを探すため、タイムマシンで時空の間を駆け回っていたのだ。そのタイムマシンを狙う一人の男が、現代にやって来た。かの大泥棒、アルセーヌ・ルパンである。タイムマシンを奪い、過去へ戻ろうとするルパンを追って、今度は航が第一次大戦直後のベルリンへ。そこでの航の前には、いくつもの難事件が…。いつしか航とルパンは協力しあい、次々と降りかかる困難に立ち向かっていく!! 航、レベッカ、ルパンの、時空を越えた痛快な冒険物語。●その他の登場人物/不破未来(航の妹。兄の自作飛行機が飛ぶことを信じている)、七森(航の先輩。飛行機開発に協力する大学生)、アルバート・アインシュタイン(かの有名な天才科学者。レベッカとの間には隠された秘密が…)、デードリヒ・レーネマン(過去の世界で航たちの味方になってくれる人物)●その他のデータ/巻末に「Clock Clock 設定集&ヨタ話」を収録。

同じ作者のコミックス

  • ジキルとハイドと裁判員

    ジキルとハイドと裁判員

  • Clock Clock 時の冒険者

    Clock Clock 時の冒険者

オススメのコミックス

  • カオルとゆいのいっかいやらして

    カオルとゆいのいっかいやらして

  • あさひなぐ

    あさひなぐ

  • 王様に捧ぐ薬指

    王様に捧ぐ薬指

  • オレ嫁。~オレの嫁になれよ~

    オレ嫁。~オレの嫁になれよ~

  • 妹さえいればいい。

    妹さえいればいい。

  • 兄に愛されすぎて困ってます

    兄に愛されすぎて困ってます

  • きっと愛してしまうんだ。

    きっと愛してしまうんだ。

  • 同居人は秘密のSカレ

    同居人は秘密のSカレ

ページTOPへ